「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2017/02/16

<ポン太塾>
 
学習支援(本人が希望するものを持たせてください。宿題、問題集、プリントなど何でもOKです) 
都城高専・南九州大学の学生さんが一緒に勉強してくれます。
※見学体験できます。
<日時> 平成29年2月6日・13日・20日・27日 
毎週(月)19:00~21:00(祝日休み)
       
<会場> 祝吉地区公民館 1階和室・2階和室(都城市郡元1丁目1−4) 
<対象> 小学生~高校生
<金額> 30分(500円)~2時間(2,000円)
<申込> 外山 daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712
 
☆子供達と一緒に勉強をしてくださるボランティアさんも募集しております!ご連絡をお待ちしてます!!
 
<ポン太絵画教室「楽描・らくがき」>
<講師> 坂元 金一先生(障がい児・者さん達へ絵画指導をされて35年、幼稚園や高齢者施設などにもご指導に行かれています。)
<日時> 平成29年2月3日・17日 ※月2回(金)19:00-21:00 
<場所> 
祝吉地区公民館 1階和室(都城市郡元1丁目1−4)
<参加費> 月謝500円
<対象者> 年齢制限ありません(興味をお持ちのポン太会員さんであれば、どなたでも参加できます)
<持ってくるもの> パレット、水入れ、絵具など。古新聞、雑巾。※画用紙とクレパスはポン太で準備します。
<申込> 必ず外山までお申込ください。daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712
 

 

2017/02/16

<ポン太学習会> 平成29年3月4日(土)16:00-18:00
 
「話す力、分かりあう力」  講師  熊谷 良子

【プロフィール】

・カウンセラー ・メンタルケア心理士®  ・保育士  ・日本心理学会認定心理士

・「宮崎カウンセリング&リカバリールーム」を1997年に開設。不登校・ひきこもり、思春期青年期問題、依存症、摂食障がい、家族・地域・職場での人間関係などのカウンセリングに従事。

  • 講演活動:学校・保育園等で講演
  • 宮崎市教育委員会「児童子育て講座」登録講師
  • NPO法人 チャイルドラインみやざき 理事 
  • NPO法人こども遊センター「良子さんのカウンセリングルーム」「ハッピー子育て」

・研究テーマ:「乳幼児の発達と青年期の意識構造」、「子ども時代の家族関係と対人関係形成の関連」 

・講演演題 ・子どもの声を聴くちから―発達と心理―(乳幼児編・思春期編)

・おとなになっていくあなたへ ―愛と性について―(高校生対象)

・保育・教育に活かすカウンセリングの基礎技法―理論と実践―(保育士・教師)

・子どもと人権 ―いじめ・不登校・ひきこもり・ニート―

・ハラスメントについて / メンタルヘルスについて

・男女共同参画社会とコミュニケーション・スキル

・連続講座  1~3.子どもの発達と心理(1.乳児期 2.幼児期 3.児童期・思春期)

4.子どもの発達とあそび(子どもの発達と描画・学力との関連)

5.「問題行動」と「発達要求」捉え方と対応―受容と共感―

6.保育・教育に活かすカウンセリング技法の理論と実践―聴く力・問う力―

 
<会    場> 都城市総合文化ホール ワークルーム(都城市北原町1106番地100)
<参加費> 無料 ※ご興味のある方ならどなたでも参加できます。
<定 員> 30名
<主    催> 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ  http://www.ponta-miyazaki.com/
<連絡先> ポン太クラブ(外山) daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712
★学習会終了後に懇親会をします。参加ご希望の方、ご連絡くださいね。

 

2017/02/16

宮崎障害者雇用支援センター創立20周年記念講演 「はたらく意欲につながる金融教育」
はたらくため、はたらき続けるために、障がいのある子の親や支援者ができることを一緒に考える。
お金は売買や労働の対価等、多くの社会活動の基盤として不可欠なものでその使い方を身につけることは社会生活上の重要なスキルです。そして、お金を使えることは、生活を彩り、社会性を養い、働く意欲ともなり、生活の質(QOL)をあげることにつながります。障がいのある方が、地域の中で安心して自立した生活を送るために、家族や支援者は、お金の使い方をどのようにして伝えたら良いのでしょうか。将来を見据えた金銭管理支援の方法について、専門家から学んでいきます。
【講師】 鹿野佐代子氏
ファイナンシャル・プランナー(AFP/2級FP技能士)、一般財団法人ゆうちょ財団知的障がい者等に対する金融教育支援員
【プロフィール】 大阪府障害者福祉施設勤務。 現役で30年、知的障がい者福祉施設で支援に携わり、児童施設や通勤寮、職業訓練校、スポーツセンターを経て、現在は自立訓練、就労移行支援、就労継続支援B型、生活介護の多機能事業所の統括主査および、サービス管理責任者を務めている。結婚支援や金銭トラブル、親亡きあとの対策について事例研究を行ない、FPの知識を活かした支援を展開している。
【開催日】 平成29年3月12日(日) 会場・受付 9時半から 講演 午前10時から12時まで
【定 員】 80名(先着) ※事前にお電話又は、ホームページ専用ボタンからお申込みください。
【受講料】無料
【会 場】 南九州大学宮崎キャンパス中講義室1309教室(3階)
【申 込】 宮崎障害者雇用支援センター ☎ 0985-22-9121 (電話受付/平日8時30分~17時15分)ホームページアドレスはこちら http://www.mzdjs.com/
【主催】宮崎障害者雇用支援センター
【後 援】 宮崎労働局、宮崎県、宮崎市、宮崎県教育委員会、宮崎市教育委員会、宮崎県社(予定) 会福祉協議会、宮崎市社会福祉協議会、宮崎県民生委員児童委員協議会、宮崎日日新聞社、NHK宮崎放送局、MRT宮崎放送、UMKテレビ宮崎
【共 催】 一般社団法人 ゆうちょ財団
 
20170216154349.pdf  チラシ

 

2017/02/16

第42回わたぼうし音楽祭 作品大募集! http://tanpoponoye.org
日時:2017年9月10日(日) 開場13:30 開演14:00
場所:奈良県文化会館国際ホール
料金:一般2,500円/高校生以下1,500円(いずれも当日は500円増) 愛のシート2,500円

応募するにはどうしたらいいの?

作品を応募するには2通りのパターンがあります。「作詩」のみで応募する場合はA、「作詩・作曲」両方で応募する場合はBです。

♪お問い合わせ、応募の宛先はこちら

第42回わたぼうし音楽祭作品募集係
〒630-8044 奈良市六条西3-25-4 奈良たんぽぽの会内  tel 0742-43-7055 fax 0742-49-5501

発表曲に入選すると!

*奈良県文化会館国際ホールで開催する「第42回わたぼうし音楽祭」に出場できます!
入選作品8点に選ばれた作詩者と介助者1名、作曲者の奈良までの交通費および奈良での滞在費は主催者が負担します。なお、歌唱者と演奏者の招待については、主催者と作曲者の協議のうえ決定します。

*「わたぼうし大賞」「文部科学大臣賞」など各賞が贈られます!
入選作品8点には、上記の「賞」をはじめ各賞が贈られます。「わたぼうし大賞」には、パナソニック株式会社より豪華な賞品が贈られます。その他、各賞にも賞状、および記念品が贈られます。

*世界にライブ配信されます!
たんぽぽの家が運営するケアする人のための参加型インターネット放送局「ケアラーズジャパン」をとおして、「第42回わたぼうし音楽祭」の様子が全世界にライブ配信されます。

*テレビ放映されます!
KCN(近鉄ケーブルネットワーク)の応援で、「第42回わたぼうし音楽祭」の模様が中継録画され、テレビ放映されます。

*「第42回わたぼうし音楽祭」ライブCDが制作されます!

E-mail wataboshi@popo.or.jp

 

2017/02/16

「リラ・フレッシュ オアシス」

かわいい我が子なんだけど・・・・・こだわりが強い! すぐに怒る! 泣き叫ぶ! 落ち着きがない!子どもの気持ちがわからない!  何だか育てにくい!  子育てどうしたらいいの! ストレスがいっぱい!同じ思いのママ! 一緒にお話ししませんか!臨床心理士の先生を囲んで、日頃“思っていること”、“知りたいこと”、“言いたいこと”などなど おしゃべりしませんか!! 尋ねてみませんか!!口に出して話すだけでもスッキリ! おしゃべりが苦手なら聞いているだけでもOK!お子様の遊び場としてもご利用下さい♡ こんなひとときが、『リラ・リフレッシュオ アシス』の “ひとやすみかん タイム”(おしゃべりタイム)です。

 

 日時:平成29年2月22日(水)10:00~11:30

場所:南九州大学人間発達部所属「子育て支援センター」(都城市立野町3764-1)

主催:子育て支援団体「よちよちランド」、南九州大学人間発達部所属「子育て支援センター」

参加費:無 料

申し込み:準備等がありますので出来るだけ事前申し込みをお願いします。

        よちよちランド 080-3900-7468(田中) 電話にでられないことがあります。メッセージを入れて下さい。後ほど連絡いたします。

 

お子様と一緒にどうぞ! ママだけでもOK!遊びにお越し下さい。

 

3月の予定: 3月8日(水)

がんばっているママたちに少しでも“ほっとするひと時を作れたら”と言う、思いから“南九州大学人間発達学部附属「子育て支援センター」”と協働で『リラ・フレッシュ オアシス』をオープンしました。参加して下さった皆さんと一緒に、このオアシスを作っていきたいと考えています。遊びにいらっしゃいませんか!!そして、いろんな方々と繋がり・支えて頂きながら活動をしていけたらと考えています。

協力を頂いています。   ポン太クラブ 都城市ファミリーサポートセンター 先輩ママ

 

2017/02/06

貧困世帯の子ども居場所作りと学習支援事業 「子ども若者の貧困を考えるシンポジウム」
子どもたちの明るい未来を切り開くために、私たちに何ができるのか。今こそ、みんなで、ぶっち ゃけ本音ト ―ク あたたかい笑顔つながるシンポジウムです。
『子どもの貧困』新聞やテレビで最近よく耳にする言葉。なんとなく気になってるけれど、自分とは関係ないことと思っている方も多いのではないでしょうか。でも、自分に続く糸を辿ってみると…。お金のために仕事をしなければけない。忙しすぎる日々、子育てや自分を大切にする暇なんてない。時間がないから自分で作らずに買っちゃおう。困っているけど、相談するのは恥ずかしい…等々。本当に他人事でしょうか。私たち、何か大切なことを忘れていないでしょうか。今回のシンポジウムでは、前半に、講師の先生により、ソーシャルワークよりみた子ども・若者の貧困について話していただき、後半では「今できることって何?」「みんな、つながろうよ!」をテーマに、パネリストや参加者のみなさんと共に語り合う井戸端会議を開催いたします。どうぞ、お気軽にご参加ください。
 
《プログラム》
1 講 演 「ソーシャルワークから見た子ども若者の貧困と支援のあり方 」 講 師 若宮 邦彦 氏 (南九州大学 准教授 社会福祉学)
2016 年度 WAM 事業 報告  濱門 康三郎 氏 (一般 社団法人みやざき公共 ・協働研究会理事)
井戸端会議 「つながりを求めて 」 パネリスト 嶋田喜代子 氏 (宮崎市議会 議員)、山元 絵美 氏 (スクール ソー シャルワーカー)、富井 真紀 氏(プレミア ム親子食堂、宮崎こども商店代表)、司会進行 亀澤 克憲 氏 (NPO法人みやざき教育支援協議会代表理事 )
 
日時:2017年3月12日(日)13:30~16:30
会場:宮崎県福祉総合センター本館セミナールーム(宮崎市原町2丁目22 番地)
対象:行政職員・教職員・各社協・支援団体・学生・NPO法人などで支援に関わっていらっしゃる方、これから関わりたい方、興味のある方など、どなたでもOK!
会費:無料
定員:50名(定員になり次第、締め切ります)
主催:一般社団法人みやざき公共・協働研究会
共催:NPO法人みやざき教育支援協議会、(有)サングロウ、学遊館つねひさ、NPO法人宮崎県ボランティア協会、NPO法人宮崎21高齢者福祉研究会
 
お申込み・ 問合せは、お電話・FAX ・メールにてお願いします。
【TEL&FAX 】0985-41-4451 【メール 】info@npomesc.jp

f4d423e10a87ddadbc03498234592389.pdf

ページの先頭へ戻る