「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2016/10/07

第11回「ぽっぺ」障がい児父母の会 子育て講座
「学校や地域とのつきあい方 ~誰に伝えるのか?どう伝えるのか?~
お子さんの困り感や要望などを、学校や周囲に伝えることに悩むことってありませんか?どんな悩み事でもいいんです。講師の先生や同じ悩みを抱えているお父さん、お母さん達と一緒に解決方法を探ってみましょう!!
<講師> 小野 公治(おの きみはる)氏
社会福祉士、宮崎県中央発達障がい支援センター センター長、障害児入所施設ひまわり学園 園長
<日時> 2016年11月12日(土)10:00~12:00(9:30より受付)
<場所> 宮崎市総合福祉保健センター2F研修室(宮崎市花山手東3丁目25)
<参加費> ほっぺ会員(無料)、一般(300円)
<定員> 30名
<申込&問合せ先> TEL 090-9653-3234   FAX 0985-29-5192 MAIL:mutsu@healthcare.co.jp (山元)

 

2016/10/07

20161007202244.pdf

子どもを守るパズルの1ピースとして子ども虐待に対応する RIFCR TM(リフカー)研修
子どもの性虐待の理解と初期対応・話の聴き取り方を学ぶ
<研修の内容>
・子どもは性虐待をどのように経験するのか
・虐待を打ち明けるプロセス
・性的発達
・日本の児童保護制度
・リフカープロトコル
<日時> 2016年11月6日(日)9:00~18:00
<会場> 南九州大学 都城キャンパス(都城市立野町3764番地1)
<参加費> 8,000円(テキスト代1,000円込) ※要事前振込
<定員> 40名(先着順) ※定員を超えた場合、ご連絡いたします。
<対象> 市町村の要保護児童対策調整機関関係者、小・中学校・高校の教諭・養護教諭、児童養護施設の職員、保健師、保育士、小児科看護師など、子どもに関わる保健・福祉・医療等の専門職の方、警察、弁護士など内容に関心のある方すべての方
<申込締切> 10月21日(金)
<受付先> 0985-85-9901(担当:廣川)
<主催> 特定非営利活動法人MCサポートセンターみっくみえ
<共催> 特定非営利活動法人子どもの虐待防止ネット・にいがた、ライツ オブ チャイルド みやざき

 

ページの先頭へ戻る