「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

2015/03/17

20150314.JPG

平成26年度<第8回ポン太学習会>  平成27年3月14日(土)

「今 大切にしたい“下から目線”の教育」

講師:鈴木 明 氏(大分竹田南高等学校教諭

「どの学校を出たのかではなく、何を学んだかが問われる社会」、「一人一人違いはもちろん、平均的でないアンバランスなのが人間」、「他人と比べるのではなく、その子の過去と比べてみては?」。普通や平均って何でしょう?人と自分を比べる評価?基準? 下から目線で、積み上げるという考え方、私自身に対しても周囲の誰に対しても、そういう目線でいたいと思います。子ども達をめぐる情勢・背景と、子ども達を支える考え方を学んだ学習会でした。

 

<下記に参加された方の感想を掲載します>

 

●不登校生がどうしたら他の人と関われるか。それを体験していくことができるのかなーと思いました。先生に将来ある生徒への対応等、職員(学校)にお話しをしていただきたいくらいでした。ありがとうございました。

 

●鈴木先生、本日はお話ありがとうございました。言葉をプラスに言い換えるルフレーミングを心掛けて子どもに声掛けできるといいなと思いました。情報をたくさん教えて頂き、親として色々考えてみようと思います。

 

●全ての学校の先生が鈴木先生ならいいのに~と思っていました。先生の冷静で忍耐と愛情あふれる生徒さんへの視線に勇気をいただきました。ありがとうございました。

 

●小学3年生の男の子で現在支援学級を利用している父親です。「下から目線」というタイトルに惹かれて本日参加させて頂きました。ついつい自分が受けてきた教育やしつけを子どもに求めてしまいがちでしたが、本日の講義を聴き、まさしく自分が過去を比べる事がとても大事な事と感じました。また、竹田南高校、大変興味を持ちました。ありがとうございました。

 

●遠方より講演ありがとうございました。貴校への入学や具体例等お話を聞けて助かりました。中学校の生徒の実態と照らし合わせて進路の確認をしていきたいと思いました。貴重なお話ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る