「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

2015/03/07

ポン太学習会のご報告 
「一緒に頑張ってきたから…今がある~大切な子ども達との経験と想い~」
講師:素敵なお母さん3人、司会:山下亜紀子先生(ポン太茶話会でお世話になってます)
26年12月26日に開催しました。
今回、お話してくださったお母さんは、「壮絶な…」という言葉を思い浮かべるような子育てを頑張ってこられた方々なんです。子どもさんもご家族も頑張って頑張って、それでも難しいことがたくさんで…。でも、母親って、親の愛って、なんて凄いんだろうと思いますし、お母さん達を尊敬し誇りに思います。また頑張ってきた子どもさん達も凄いとただただ思うばかりです。自分の子どもさんのこと、ご家族の事、またご自身の事を人前で話されるのには、かなりの勇気もいるし、緊張もするし、辛いことを思い出すきつさもあるし…お話してくださったことに、心からの感謝と尊敬を。ポン太の仲間と一緒にいると、パワーをもらえます、自分もまだまだ頑張ろうと。ありがとうございました。
 
<下記に参加された方の感想を掲載します>
 
●圧倒されるお話でした。ポン太でお会いするお母さん方でしたが、こんなに壮絶な子育てをされているんだなぁと驚きでした。真剣勝負の言葉通り、刃の切っ先を突き合わせるような命がけの子育てで、命に真正面から向き合っている様子が感じられました。これから思春期を迎える我が子もいろいろな壁が出てくると思いますが、しっかり向き合っていきたいと思います。貴重なヒントをいただけて有難かったです。
 
●突然来た私がお話を聞かせてもらってもいいのかなと思うくらい衝撃的な内容でした。とても考えさせられました。自分にできることは何かないだろうかと思いながら聞かせていただきました。これまで保護者の方に対するフォローが足りなかったなと猛烈に反省しています。今回、学ばせてもらったことを生かして何かしら行動に移していこうと思います。貴重なお話をありがとうございました。
 
●いい話が聴けて良かったです。また開いてください。よろしくお願いします。
 
●3人のお母さんの話を聞いて、凄すぎる内容だったのに驚いたんですが、もしこれから我が子も似たようなカベ?!にぶち当たった時に、どこに相談したらいいかとか、どう子どもと向き合うかという参考になると思いました。物凄い頑張っていっらしゃるお母さん達の話に私もまた明日から頑張ろうと思います。
 
●ご家族にお願いすることも多い立場にいる者ですが、無理な事を良くないタイミングでお願いしていないか考えさせられました。力はあるし、やりたいと思っている、でも「したくてもできない」というご家族がいらっしゃることを忘れないようにしなければならないと思います。気を付けていきたいです。お話を聞けて本当によかったです。ありがとうございました。
 
●子どもの頃からの様子をお話していただいて、同じ困り感を持つ子の親として、とても参考になりました。現在進行形で悩みは尽きませんが、今、出来ることをやりながら親子で頑張っていこうと思いました。とても励まされました。あろいがとうございます。
 

ページの先頭へ戻る