「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2014/05/30

第32回全障研九州ブロック研究集会熊本大会

 

「 つなぎあおう みんなのねがい ともにつくろう 心豊かな暮らし~出会い・共感からはじまる明日へ~」
期日:2014年6月28日(土)・29日(日)
会場:熊本市民会館(市民会館崇城大学ホール)、国際交流会館(住所 熊本市中央区桜町1番3号)

<記念講演>  6月28日 13:30~15:00 (熊本市民会館大会議室

 

 どの子にも子ども時代にふさわしいゆたかな学びと生活を

 

講師 越 野 和 氏(奈良教育大学・全障研副委員長)

 

<入門・基礎講座>  6月28日 15:15~16:45 

第1講座(入門講座)『発達保障ってなに?』 南九州大学  内田 芳夫

第2講座『乳幼児期の療育・保育の質を問う』南九州大学 黒川 久美

第3講座『障害や困難をもつ子どもたちのねがいをつかむために』 奈良教育大学  越野 和之

第4講座  『地域で生きるための法制度』 北九州市立大学  小賀 久 氏

第5講座 『障害児・者の性と生』 元性教協障害児者サークル代表 永野 佑子

第6講座 『子どもの権利ってなんだろう』 東海大学  山下 雅彦 氏

<分科会>6月29日(日) 9:00~14:30

障がいの早期発見・早期療育と保育制度

②障がい乳幼児の発達と保育

③学齢期の発達保障と教育実践(特別支援学級、特別支援学校小学部・中学部の実践、放課後の生活保障の取り組み)

④思春期・青年期の教育と生活

⑤重度重複障がい児・者の発達保障

⑥成人期の豊かな生活と労働保障

⑦性と生について考える

⑧発達障害の子を持つ家族・支援者 ★ポン太 外山がお話させていただきます。

 

<問合せ先>

熊本大会事務局 〒865-0005   玉名市玉名685-3 井澤 紀美子

 電話/FAX 0968-72-0370   携帯   090-7448-1452

 

<福岡>敷島 篤子 ☎092-651-1313 FAX 092-651-1313

<佐賀>間島 恵子 ☎0952-62-7186 FAX 0952-62-7186

<長崎>吉川 透  ☎090-2083-1897  FAX  095-884-2670

<熊本>清田 明子 ☎096-245-1096  FAX 096-295-1144

<大分>山田 保春  ☎097-595-1309 FAX 097-595-1309

<宮崎>三浦  智 ☎090-9793-9380 FAX 0985-85-2963

<鹿児島>淵之上 格 ☎ 090-4519-3157 FAX 099-228-5761 

<沖縄>船越 裕輝 ☎090-4470-7189 FAX 098-895-3147

 

 

2014/05/30

<ポン太塾>
毎週(月)19:00~21:00(祝日休み) 6月2日・9日・23日・30日 ※16日は休み 
祝吉地区公民館 ※見学体験できますよ^^
対象:小学生~高校生
金額:30分(500円)~2時間(2,000円)
●問合せ・申込先:外山 090-6297-5712  daichi-kentarou@btvm.ne.jp 
 
<学習会>
日時:6月20日(金) 19:00~21:00 
「教師と保護者が子どもたちの良き理解者であるために~特別支援教育の現状と課題~」

講師:壹岐 典子氏(宮崎県立都城きりしま支援学校 特別支援教育コーディネーター)

会場  :  都城市総合文化ホール 会議室(都城市北原町1106番地100)

参加費  :  500円(託児あり・要申込)

定員  : 60名

申込・問合せ先 : 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ  090-6297-5712(外山)

 

<成人発達しょうがい当事者会a tempo 集会>
日時:6月7日(土) 
総会>14時~15時    
<交流会>15時~17時(予定)
場所:南九州大学都城キャンパス 1105教室(都城市立野町3764-1)
料金:無料
<懇親会>18:30~21:00(予定)
場所:都城駅前を予定(店が決まり次第、ご連絡いたします。)
料金:3000~4000円の予定
会場の都合などで事前に人数を把握したいので、懇親会に参加希望者は
5月31日(土曜日)までにメールで良いので林のところまでご連絡してください。
 
<交流会(宮崎)>
日時:6月8日(日曜日)14:00~16:00(13:30受付開始)
場所:宮崎市総合福祉保健センター2階 研修室(宮崎市花山手東三丁目25番地2)
料金:無料  ※今回は会員以外の参加もしていただけると幸いです。
 
なお、このことでご連絡等がある場合、林(TEL 090-1159-8741 あるいは
nhayashi@nankyudai.ac.jp)までご連絡していただけると幸いです。
 

2014/05/30

ポン太クラブ・親父の会>
日時:6月21日(土)19時~
場所:駅前の本陣(都城市栄町7-3  0986-25-2055)
会費:3000円
申込締切:18日までに、外山まで daichi-kentarou@btvm.ne.jp
★会員さん以外でも、どなたでも参加OKっ!パパたちで愚痴って?くださいっ
 今回は人数が集まりますよぉ~ ママ達、パパに伝えてねぇ~

2014/05/13

ポン太クラブ学習会 日社済社会福祉助成金交付事業  「共に学ぶ」~障がい児と不登校児への学習支援と支援者の学び~ 

 「教師と保護者が子どもたちの良き理解者であるために~特別支援教育の現状と課題~」

講師:壹岐 典子氏(宮崎県立都城きりしま支援学校 特別支援教育コーディネーター)

2014年6月20日(金)19:00~21:00

会 場  :  都城市総合文化ホール 会議室(都城市北原町1106番地100)

参加費  :  500円(託児あり・要申込)

定 員  : 60名

申込・問合せ先 : 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ  090-6297-5712

 daichi-kentarou@btvm.ne.jp   http://www.ponta-miyazaki.com

主催 : 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ

 

特別支援教育コーディネーターとは?

「特別支援教育」を支えるための仕組みとして、全ての小・中・高等学校、特別支援学校に、「特別支援教育コーディネーター」が指名されています。「特別支援教育コーディネーター」は、保護者や関係機関に対する「学校の窓口」として、また、学校内の関係者や福祉、医療等の関係機関との「連絡調整の役割」を担っています。特別支援学校の特別支援教育コーディネーターは、医療機関や福祉機関、学校外の専門家等と連携・協力をして、子どものニーズに応じた教育を行っていく推進役としての役割があります。また各学校の教員の専門性や施設・設備を活かして、地域における「特別支援教育」のセンターとしての機能を推進する役割もあります。小・中学校及び高等学校、中等教育学校では、校内の「特別支援教育」の組織や計画の立案、「特別支援教育」の理解啓発の推進、また、学校内の関係者間の連携・協力、特別支援学校などの教育機関、医療・福祉機関との連携・協力を行っていく役割があります。「特別支援教育コーディネーター」には、特別支援教育を進めていくための、専門的な知識や技能が必要です。宮崎県教育委員会では、必要な知識や技能を身に付けるための効果的な研修を計画的に行っています。(宮崎県教育庁 特別支援教育室より)

 

チラシ 2014.6.20.pdf

ページの先頭へ戻る