「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2014/02/28

2014328.jpeg

<学習会>

ポン太学習会「通信制高校サポート校における学びについて」

講師:野田 一宏氏(神村学園高等部宮崎学習センター明倫館学院 教務)

★高校選択肢の幅を広げるために是非お越し下さい^^

明倫館学院に入学してくる生徒の中には、生活を送るうえで困難な問題を抱えている人もいます。支援学級からの受け入れやアスペルガー症候群などの発達障害の診断を受けている生徒も在籍しています。そういった生徒たちも、周りのみんなと関わり、支え合うことで、苦手なこともできるようになっていく現状も見られます。自分自身を理解していきながら、お互いに成長させ合っています。この関係をとても大切にしたいと私たちは考えています。 ※ 神村学園高等部(単位制・広域通信制課程)宮崎学習センター -ムページより

●日時:平成26年3月28日(金)19:00~21:00
●会場:都城市総合社会福祉センター(都城市松元町4-17)
●参加費:500円(託児有り・要申込)
●定員:60名(定員になり次第締切)
<申込 ・ 連絡先> 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ  daichi-kentarou@btvm.ne.jp   090-6297-5712(外山) 
「共に学ぶ」~障がい児と不登校児への学習支援と支援者の学び キリン福祉財団助成事業
 
学習会チラシ 2014.3.28.pdf
 
 
<ポン太塾>
毎週(月)19:00~21:00(祝日休み) 3月3日・10日・17日・24日 ※31日は休み
祝吉地区公民館 ※見学体験できますよ^^
対象:小学生~高校生
金額:30分(500円)~2時間(2,000円)
●問合せ・申込先:外山 090-6297-5712  daichi-kentarou@btvm.ne.jp 
 
 
<成人発達しょうがい当事者会a tempo>
日時:3月2日(日曜日) 19:00~21:00    
場所:南九州大学都城キャンパス 1105教室(都城市立野町3764-1)
料金:無料
★会員外で参加されることを希望する場合、事前に林までご連絡していただけると幸いです。
なお、このことでご連絡等がある場合、林(TEL 090-1159-8741 あるいはnhayashi@nankyudai.ac.jp)までご連絡していただけると幸いです。
 

2014/02/24

2006221.jpg

ポン太学習会のご報告お母さんのための児童精神医学」

講師 : 根來 秀樹氏(奈良教育大学 教育学部 障害児医学分野 教授、児童精神科医)

 

2月21日(金)、都城市総合文化ホールで、たくさんの保護者と支援者さんたちが集まって学習会を開催しました。

先生は医学的な内容をとてもわかりやすく私たちにお話してくださいました。後半の質疑応答でも保護者の質問位に対してとても丁寧にお答えいただいて、先生の優しさが伝わる1時間30分でした。

 

下記に参加された方の感想を掲載します。

●先生のお話は本当にわかりやすいものでした。もっと先生のお話を聞きたいので、宮崎に近かったら良かったのに(笑)根來先生をポン太に繋いでくださった山下亜紀子先生に心から感謝です♥もちろん素敵で大好きな根來先生にも♥です^^ また必ずお会いできることを…楽しみにしております。
 
●本日初めて参加させていただきました。私はアロマを通じて人と会う事が多いのですが、知識の不足さがたくさんある事を知りました。簡単に思っている言葉はとても大事だったのですね、ありがとうございました。
 
●大変わかりやすい内容でした。ありがとうございます。
 
●『前頭前野』『感情のコントロール』に絞ってお話されました。視点が絞られているために大変わかりやすい内容でした。また、いくつかのキーワードが心に留まり支援の引き出しを増やすことができたように思います。またお話を伺う機会があるとよいなと思いました。
 
●脳の特性から勉強でき症例もあって分かり易い講演でした。今後に役立たせていきたいと思います。
 
●否定的な言い方を肯定的に変える言葉掛けを心がけていきたいとずっと思っていました。なかなかできませんが、具体的に話すように努力したいです。
 
●私は中学生の子どもがいますが、来年度、特別支援クラスに今年同様に入れるか入れないか…迷っていました。その迷いを吹っ切れるかもしれないと思って参りました。気持ちの整理が出来ました。又、幼稚園児に何故飛び出したのか理解でき…今「あの時は悩んだのに…」笑えてきます。根來先生ありがとうございます。謎が解けました。
 
●とてもいい話が聞けて良かったです。子育てに役立てられればと思います。
 
●とてもだくさんお話を伺えて勉強になりました。難しい話もありましたが、本当に全部の講義を受けられたらいいのにと思うほど、興味深いお話でした。また機会があったら是非お話を聞きたいです。
 
●とても勉強になりました。脳の機能障害という側面から自閉症スペクトラムをわかりやすく解説して頂き、発達障害との向き合い方の参考になりました。学校の先生方が皆ここまで発達障害を理解してくださっていたら、子ども達が苦しい思いをしなくて済むのにと思いました。
 
●知的障害を伴う広汎性発達障害の子を持っています。今日のお話を聞いて具体的で分かりやすかったので、ぜひ実践してみたいと思ったことが多かったです。もっと詳しく先生のお話をきいてみたいと思いました。
 
●専門的な知識(脳科学)について深く学べました。できないことが目に入りやすく、注意しやすいが「その子が一番困っている」ことの視点を頭にインプットして指導していきたい。肯定的に成功体験をたくさん出せるような環境を作っていきたい。このような学習会を作っていただきありがとうございました。心が穏やかになりました。貴重な講義が聞けてよかったです。
 
●困りに対応されるにあたり、広く深い知識や認識を持って対応していること、それゆえ暖かな視点が生まれるのではと思いました。再度コミュニケーションや社会性について発達の分野から考え直し、出来ないことを分かって対応していきたい。
 
●初めての参加になります。放課後等デイサービスで支援する側として、聞かせていただきました。医学的な最新情報もあり、当施設に持って帰ってスタッフで共有したいと思います。「脳機能の障がい」という言葉の意味もよくわかり、支援にも活用していけることばかりでした。また先生のお話が聞けるといいなと思います。
 
●私の娘は19歳で昨年の10月にADHDと診断されました。寮生活を始めて「片付けられない女」ということがわかりました。ADHDは脳の障がいということはわかっていたのですが、今日の講演を聴いて、脳の前頭野のことなど詳しくわかって良かったです。
 
●脳の仕組みから理論的に説明して頂いて環境やしつけのせいでなく、機能的に苦手なんだなということが明確に分かりました。現場でいろいろな子ども達を見ている先生なので、お母さん方の質問にも親身に的確に答えて下さって、もっとお話をお聞きしたかったです。本はまだ前半の難しい部分ですが、今日のお話を聞いて早く読み進めたいと思いました。
 
●大切な情報をわかりやすくお話いただき、いろいろ確かめることができました。ご紹介いただいたキーワードなど調べてみたいと思います。
 
●フレンドの会員より今回の連絡をうけて参加させていただきました。生後より身体の発育不良あり、その当時、自身が離婚で一人親となり、持病もありで、娘の現在の状態や診断はずっと自分のせいだと疑ってなかったし、周囲から言われていました。ですが、フレンドの会員となり、今回の研修に参加し、凄く心が楽になり、娘の特性とも別の視点から向き合えるスタートの日となりました。本当に遠くから今日はありがとうございました。今年4月から就学でとても不安ばかりでしたが、今回のを参考に後1ヶ月あるので、学校や教育委員会と面談等し、娘の10年後、20年後に笑いたいです。
 
●遠いところありがとうございます。見えない脳、見えない心の解明に取り組まれている方のお話を身近に聞くことができて嬉しかったです。我が子をもっとよく理解したいです。そして取り巻く方々、学校、社会、家族のあり方を見直してできる支援を捜していきたいです。私の考えで息子に無理をさせてきたと反省しています。愚痴や非難を言わないだけに苦しかったことでしょう。
 
●短い時間にぎゅーっと内容の濃い講話をして下さり、ありがとうございました。長男(中2)アスペルガー、三男(小2)ADHD,広汎性~、の育ちと、先生の事例が全くそのままマッチングして、ついつい笑ってしまったり、思い出しては懐かしく思いながら拝聴しました。私の育児日記をお送りしたいくらいです。本をまず買います。
 
●ふだん90分×15回でされている内容を凝縮させて話していただき、ありがとうございました。前頭前野の働き、セロトニンの作用など、もっと詳しく聞きたかったです。
 
●専門的な事を教えていただき、ありがとうございます。いろんな特性があるんですね。
 
 

2014/02/11

1557607_582454455170389_113059652_n[1].jpg

ポン太クラブ主催『おとなになった発達障がい当事者さん達の話を聞いてみよう』を2月2日(日)都城で開催しました。

今回は都城市内の小学校・中学校・高校・支援学校・大学・国立高専・ひかり園さん・都北学園さん・療育、専門機関などにチラシを配布・掲示させていただきました。都城に、こんな活動をしている会があることを知ってもらうことも目的のひとつでした。都城にも仲間や居場所はあって、独りではないということ。今回の企画には来れなくても、いつか来たいと思った時に来れるように。保護者・支援者・学校の先生方も知ることで、子ども達へ繋がるように…子ども達が笑顔で過ごせるように…。今回もたくさんの方々にご協力いただき、ありがとうございました。心から感謝です。

①中学生•高校生•大学生のための座談会(第一会場)

中学生・高校生・大学生を対象とした座談会では、発達障がい当事者さん3名にお話していただき、そのあとは参加した子どもたち20名との意見交換。2時間の予定が楽しく盛り上がり30分オーバーでした^^ 下記に掲載の感想にもありますが、参加した子ども達が「良かった、また参加したい」と思ってくれたことが嬉しかったです。今後に繋げいたいと思います。

②お母さん達の茶話会(第二会場)

お母さん達の茶話会では、55名の参加者(保護者35名・支援者9名・その他11名)でした。当事者さんに50分お話していただき、その後は10グループに分かれての茶話会。自己紹介や当事者さんのお話の感想や悩みなどを自由にお話していただきました。こちらも盛り上がって皆さん時間が足りないようでした。今後、機会がありましたら、ポン太企画にご参加いただけると良いのかなと思います^^ 

★下記に参加された方の感想の一部を掲載いたします。

<中学生・高校生・大学生のための座談会> アンケート 参加者・子ども20名
今日の座談会に参加して良かったですか?
はい(16人)     いいえ(0人)     どちらでもない(0人)
 
今後も、中学生・高校生・大学生を限定とした学習会や集会があれば参加したいと思いますか?
はい(15人)     いいえ(0人)     どちらでもない(0人)  無回答(1人)
 
★今日の座談会での感想があればお書きください。
●母からの誘いで、軽い気持ちで今回の会へ参加させてもらいましたが、私の想像と「良い方の意味」で違って、林先生のお話から、トマトさん、メイプルさんと、発達持ちあるあるから、過去の普段での話ではなかなか話せないディープな話までと、ためになり、思っていたより楽しかったです。また、アンケートにもあったように、またこのような会があれば参加したいと思いました。これから就職に向けての仕事の事についての施設に通うのですが、そこでのお話では聞けないような、当事者の方々の貴重な話(対処法など)を、私自身これからのすべきこと(仕事に向けての)に役立てさせて頂きたいと思います。
 
●発達障害のことをたくさん聞くことができて良かったです。私は友達関係など何も悩みはないけど、担任の先生になぜか勧められて来て、本当に自分のためになったので、いい経験になりました。私は将来、養護教諭を目指していて、この会は将来とても役立つことだなと思いました。話をしてくださった3人の方は、今まで障がいを持った生活をしてきて辛い部分があったにも関わらず、とても+思考で自分らしく生きていると聞いて、感動した部分がたくさんありました。本当に今日はありがとうございました。
 
●今日は発達障がいについて知ることができました。今日の会に参加するまでは別に何も困ったことはないけど、少し興味があったので参加しました。そしたら自分とは違う、また個性を持った当事者達の話を聞けたので良かったです。発達障がいだと知る時期はそれぞれで、もしかしたら周りにも発達障がいで悩んでいる人もいるかもしれないと分かり、今日は本当に楽しかったです。また参加したいです。
 
●私は保育士を目指していて、発達障がいのことを本で知って、とても難しい問題だなと思っていました。でも、そのような方々を理解したいという気持ちがあり、実際に会ってみるのが一番良いと思い参加しました。最初来た時は頭の中で理解したいと思いながら正直発達障がいの方々に心の距離を開けている自分がいました。しかし、話を聞いていく中でどんどん自分の心が話している方々に近づいていく気がしました。「知る」ということが一番大切だと実感しました。また機会があれば参加したいです。
 
●今日の座談会に参加して、一番感じたことは、みんな辛い経験や大変なことがあっても笑顔で暮らしているということでした。直接話を聴けてとても良かったと思っています。ありがとうございました。
 
●今日の座談会に参加させていただき、話された方々の学生時代の辛さ、厳しさなどを知りました。でも、今は個々の生き方などを見つけて幸せとは言えるかわからないけど道が開けているかな!と思いました。将来、小学校の先生になりたいと思っているので、この会を無駄にしないようにしたいと思います。
 
●共感できて良かったので、またみんなの話を聞きたいと思いました。
 
●今回こういう会に参加して当事者さんの話もたくさん聴けてとても良い経験になりました。また、自分の考えを素直に話す方が多くて、とても楽しかったです。今まで知らなかった色んな人の気持ちを聞くことができて良かったです。今回聞いた方々の話の中で、自分にプラスになることが多くあったので、これから活かしていければいいと思います。ありがとうございました。
 
●自分の価値観について、おかしくはないと思ってても友人から批判されたり笑われたりして自分変わってるのかなと心配してた。さも、今回のこの座談会を通して「みんな違ってみんな良い」という精神がよくわかって安心した。人と交流するのが好きなこともあって、色々な人がいらっしゃるのを知れたという意味でも自分にとって意義があったし、これからの生活にいかしていきたいと思いました。
 
●色々な人の感想を聞けて良かったです。自分のなかみも相談できて良かったです。また、こういう機会があったら来たいです。
 
●もうちょっと中高生にしゃべらせても良かったかなと思います。でも楽しかったです。みんなで輪になるテーブルの配置が良かったと思います。
 
●学生さんの率直な質問・ご自身の体験や願いをお聞きすることができ、とても貴重な時間でした。10年先に生きている者として、若い方々に伝えたいこと、一緒に悩みたいこと、色々ありますので、熊本でもいつかこのような場を持てると良いなと感じました。今日は本当に良い勉強になりました。また私自身皆様のお話にとても力づけられました。貴重な場にお招き頂き、本当に有難うございました。
 
<お母さん達の茶話会> アンケート  参加者55名(保護者35名・支援者9名・その他11名)
●学校からチラシを頂いて、初めて参加しました。同じような悩みを抱えていらっしゃる保護者の方々とお話ができたので良かったです。また何かありましたら参加してみようと思いました。
 
●今日の茶話会を受けてみて、幅広く情報交換などが出来たので大変良かったです。今後、困っている子どもや保護者に対しての対応が理解出来たので生かしていきたい。
 
●当事者のこれまでの困り感など聞くことができて良かった。また、茶話会では率直な話が聞け共有することができて、また参加できたらと思います。
 
●これまでにも当事者の講演を聞いたことがありますが、正直今日初めて当事者視点の物の見え方・感じ方が理解できた気がします。また別のテーマで話がうかがえたらと思います。性教育について伺いたいです。
 
●色々な状況におられる方のお話を伺うことができ、とても良いひと時を過ごさせていただきました。みながお互いを分かり合って優しい気持ちで穏やかに、この地球上での暮らしを楽しんでいけたらと思います。ありがとうございました。
 
●私はリハビリ(言葉)の仕事をしており、興味を持ち参加させて頂きました。リハビリとして出来ること、限られている事を自覚しているのですが、今回話を伺い、自分が出来ることを見つめ直す良い機会になりました。今後ともよろしくお願いします。
 
●発達障がいについてのこういった会に参加したのは初めてでした。「茶話会」って何話したらいいんだろう?と来る前は不安でしたが、蔵田さんのお話をきいてからの茶話会でしたので、話しやすかったです。都城にこういった会があるのも知らなかったので今回分かって良かったです。
 
●蔵田さんのお話をもっともっと聞きたかったです。ぜひまた参加させて頂きたいと思います。子どもの成長に合わせて寄り添える親でいたいなと思いました。ありがとうございました。
 
●当事者の話が聞けて良かったです。親の想いと子ども自身の想いの差?というんでしょうか、自分なりに埋められたなぁと思います。
 
●本人さんのお話が聞けてとても良かったです。これからの子どもの未来に活かせていけたらいいなと思います。ありがとうございました。
 
●初めての参加(親も子も)です。当事者のお話を聞くのも初めてでした。参加して本当に良かったです。中2の子どもも別室でお話を聞いているはずですが、感想を聞くのが楽しみです。今後また子どもも一緒に参加したいです。ありがとうございました。
 
●初めて当事者の話を聞きましたが、とても皆様しっかりとしており、イメージと違いました。工夫しながら自分なりに考えて生きており、出来ないことは周りのサポートも受けながらされていて凄いと思いました。環境が良ければ発達障害の方も過ごしやすいと知りました。しかし、親の立場からすると本人に伝えるタイミングとか、大人になってから周りに迷惑をかけないか等、不安なこと、分からないことが多いと知りました。親と子をサポートしてくれる所がもっと身近にあればいいと思いました。「親の目線(見方)を変えなければなれあない。」という言葉が心に残りました。
 
●今回もありがとうございました。発達障がいの診断を受けて2年が経ちました。今回は茶話会しか参加できませんでしたが、自分を知るためにもっと勉強させてください。
 
●蔵田さんのお話は2回目だったのですが、やはりとても勉強になるというか、改めて考えさせられることも多く大変良かったです。また茶話会では同じ悩みを持つお母さん方の話が聞けて大変参考になりました。
 
●息子が19歳でアスペルガーです。16歳の時に両親も知ることになり、これまでのいろいろな出来事が、そうだったのかと結びつく事になりました。今日は生活のヒントになる様なことがあればとこの会へ参加しました。都城にもこういう支援活動をされている方々が沢山いらして、私の息子のようにある子ども達が生きやすい世の中であってほしいです。社会に参加できるようにあってほしいです。
 
●蔵田さんのお話はリアリティがあり、保護者としては辛い部分もありましたが、当事者の本心を聞けてとても良かったです。これから、試行錯誤しながら蔵田さんのように立派な社会人に育てていけるように頑張ります。学校で今回の茶話会の事を頂いたチラシで、初めてポン太クラブの事を知り、とても心強く思いました。これからも参加できる時にはお願いします。
 
●本人に語れる場があるのは大変意義があると思います。児相でパンフレットを見つけて来ました。地域で語りづらいことも、生活区が違う場で語れることは嬉しいと思います。サポートする周囲の者が空回りしないように、当事者の気持ちを聞いていきたいと思います。
 
●支援者として活動する中で、お話をうかがう機会を得ることができて良かったです。その子の特性をしっかりと見つめることが大切だとよくわかりました。
 
●初めて参加しました。大人になられた発達障害者の方から直接お話が聞けてとても有り難く感じました。子どもの成長と共に自分も成長しなくてはと思いました。
 
●こういう機会を作って下さり、ありがとうございました。当事者のお話を聞くのは初めてで勉強になりました。一人一人個性があることを理解し、線引きすることなくお互い理解し合えるようになりたいです。理解→適度な支援が大事と思いました。逞しく道を切り開いてきた蔵田さん、素敵です。
 
●当事者さんのお話を聴く事は初めてだったので、聴けて良かったです。学校の先生も一緒になって加害していたことは驚きで、だからこそそんな先生とは出会いたくないなと思いました。先生は学校の中での理解者・支援者になるべきだと思います。また、保護者の方々との茶話会はとても勉強になりました。子どもに対する不安、学校に対する要望、今後の成長への不安…。様々なことを考えていることが分かりましたが、どの保護者の方々も子どもを支えていきたい、よりよい生き方をさせてあげたいという気持ちがあることが強く強く伝わっていきました。学校と家庭。それぞれの想いを少しでもすり合わせて同じベクトルで子どもを育てていけたらいいな、そんな社会になるといいな、と思いました。また参加させてください。ありがとうございました。
 
●良く分からないまま来ましたが、意外に人が多く、興味を持ったり、悩んだりされている方が多いんだなぁと思いました。支援者の立場から、具体的にどのような支援を行っていったらいいか、どういうものを求められているのか分からない部分が多かったので、それを少しは自分の中で深められたのではないかと思います。また機会があれば是非参加したいと思います。
 
●今回初めてポン太クラブの存在を知り参加しました。茶話会でも当事者のお母さんのお話など知り、悩みを共有できて、とても勉強になりました。このような機会が身近には今迄無かったので、また是非参加したいと思いました。HPも見てみたいと思います。今日は貴重な機会をありがとうございました。
 
●いろんな話を聞けて参考になりました。こんな機会、またぜひ参加させていただきたいと思います。
 
●蔵田さんのお話を聞くと、1つ1つの困難に逞しく+誠実に対処されてきたんだなぁーと毎回涙が出そうになります。子どもたちの足音が響く中(楽しんでいる様子)お話を聞くことができ感謝です。
 
●※フラッシュバックの怖さを知った ※日記を書いてコントロールさせた ※男の子は外在性が多い ※意識が遠のくことがあったと言われた(パニック状態) ※学校に行けない→対人関係なのか→ONとOFFができてないのか?
 
●ポン太クラブのことを知り、初めて参加させていただきました。専門書等でしか知る事のなかった当事者の方のお話を聞けて大変勉強になりました。あの子のあの姿は、そういう気持ちだったのか…そういう苦しみだったのかと…胸がいっぱいになりました。またお話をお聞きしたいと思います。
 
●お疲れ様でした。参加できてとても有難かったです。「○○年前の自分に今の私が助言するとしたら」という蔵田さんの言葉がとても参考になりました。当事者からの助言は子育てをしてゆく上でとても参考になります。ありがとうございました。
 
●今日は皆さんのお話をお伺いして、日頃抱えている個々の悩みなどを聞かせていただき、意見交換もできて、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
 
●蔵田さんのお話がとても興味深かった。我が子の行動と照らし合わせる事ができて良かった。またこういう会をやってほしいです。
 
●当事者の話が聴ける機会はあまりないので、とても有難かったです。発達障害を持っている方がどう成長して、考えていくのか、参考になりました。幼少期に関わる仕事のため、なかなか先が見えない、分からないことがたくさんありますが、その子の特性をつかみ、支援できるようになりたいです。
 
●当事者の方のお話を聞けて、とても勉強になりました。茶話会では自分の置かれている現状を聞いてもらって、悩んでいた重荷が少し軽くなりました。自分以上に色々たいへんなご苦労をされている方々もいらっしゃることがわかって、とても良かったです。
 
●初めて参加させて頂きました。いろんな方の話を聞いて、私が体験してきた以上に悩み苦しんでいらっしゃる方がいるということに驚きました。また参加させてもらいたいと思いました。
 
●今日はとても良い話がたくさん聞くことができました。蔵田さんの話で、成長した今の自分が20年前の自分にアドバイスするという話が印象的でした。幼く若い自分が納得して行動する難しさを知った気がします。茶話会では小学校に通う親の悩みを聞くことができました。うちは来年から小学生なので、いろいろ話が聞けて良かったです。ありがとうございました。また参加します。
 
●今日は貴重なお話が聞けて、とても有意義な時間でした。ポン太クラブの活動にとても興味を持っています。色々な立場の方からの情報や話を頂けて元気がでました。ぜひまた参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました。
 

2014/02/10

1512338_572704112812090_28418040_n[1].jpg
 
ポン太学習会のご報告「広汎性発達障がい ー最近私が考えることー」
講師:橋口 浩志氏(宮崎県立宮崎病院精神医療センター部長兼センター長兼医長)
 
今回の学習会では、ポン太の子ども達やお母さん達もとてもお世話になっている橋口浩志先生をお招きしました。
医療、教育、家庭という幅広い内容でお話してくださり、とても貴重な内容でした。
お忙しい中、宮崎から都城までお越しくださり、心より感謝しております。
 
下記は参加された方の感想です。
 
●子どもの主治医である橋口先生ということで、診療では伺えないお話をたくさん聴けて勉強になりました。また子どもとの接し方の参考にしていきます。
 
●広汎性発達障がいとは、という事の再確認ができました。宮崎での療育不足の改善を早く求めなくてはと思いました。それと親の知識を増やすことも大事だと思いました。
 
●先生からの現場で体験した上での話はとてもありがたく分かりやすかったです。質問した方の「自閉は母親のせいではないのに、周囲がそういうのはおかしい」という考え方に、彼が親御さんのことを大事に思っているんだと、こちらも嬉しくなりました。2月2日の座談会、子どもが少しでも独りじゃないと思ってくれたらと期待を込めています。
 
●今回の話を聞いて、自分の子どもにあてはまる事や、自分の対応が間違っているところに気付けた。自分の対応も改めて子どもに接していきたいと思った。また、機会があれば、このような講習を受けたいと思う。
 
●途中から参加したのですが、いい話が聴けて、ありがとうござました。
 
●私自身、看護師として精神科に勤務していました。しかし、広汎性発達障害などの詳しい講義を聞いて、我が子が本当に大変な状態なんだと親として思いました。一人の人間として看護師の専門性を活かして今日の講義を、これからの子どもの支援に生かしていこうと思いました。本当にいろいろとわからないことが学べて、参加して本当に良かったと思います。
 
●お世話になっている先生なので、「何を話してくれるんだろう?」と楽しみにしてきました。まとめて教育をしてくれるところが将来できてくれることを願います。
 
●とても詳しい学習をありがとうございました。難しいところもありましたが、具体的で分かりやすかったです。私の子どもにも特性はありますが、今までの育ちの中で思うことは…医療や教育の専門性も私たちにはとても必要な素材です。でも家族がその子のために何ができるのかな…と、工夫し続けること、考え続けることを切らさないことが前提条件だな…とつくづく感じます。またこの学習会でいただいたことを引き出しに、これからも頑張ろうと思いました。
 
●橋口先生のお話を聞くことができて良かったです。沢山の課題はありますが、社会に出たときに何とか自分で解決していけるようになってほしいです。人にうまく頼ってほしい。
 
●初めて参加させていただいたんですが、日頃困っている事の原因がまた少しずつ分かってきたように思います。最後にいろんな方の質問を通して詳しく説明してくださって、とても分かりやすかったです。

2014/02/10

「イイトコサガシワークショップ」
発達当事者の方はもちろん、支援者、ご家族、その他様々な立場からのご参加をお待ちしております!
☆発達障害当事者が一から考案したワークショップ。と言っても!障害の有無に関わらず、立場の違いも越えて、誰もが楽しめる内容になっています。
☆コミュニケーションが得意だと思っている方も、苦手だと感じている方も、ここではみんなが対等に場を共有します。きっとみんなとつながりたくなるはず。
☆また、このワークショップに失敗はありません。なぜならば、「試した時点で大成功!」だから!みんなのイイトコ探したら、自分のイイトコも見えてくる。
みんなでお互いの「イイトコサガシ」しませんか?
 
●日時:2014年2月28日(金)
●場所:宮崎市民プラザ4階大会議室
●時間:18時30分〜21時30分
●参加費:無料
 
◆リーダーファシリテーター  ちゃびん(前回に引き続き、千葉から駆けつけて下さいます)
◆サプリーダーファシリテーター  山田裕一(ShiKiBu顧問、精神保健福祉士、社会福祉士、保育士)
◇ファシリテーター(補) ひろ(ShiKiBu代表)、藤崎彩弥(同副代表)、海野縞子
 
<申込(締切日…2月21日)>
添付チラシのバーコードより「こくちーず」からお申し込みください。
または、shikibumiyazaki@gmail.com 宛に①フルネーム②性別、年齢③連絡先(携帯等)④立場(当事者、支援者、御家族、その他)○ご質問等をご記入の上送信ください。
メールが使えない方は 080-8370-9791 海野まで。
 
主催●宮崎青年・成人発達障害当事者会ShiKiBu  
共催●熊本県発達障害当事者会Little bit  ●発達障がい当事者研究会「ひだまり」
 
20140228.pdf  チラシ

ページの先頭へ戻る