「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2013/01/29

宮崎大学「教育養成機能の充実」プロジェクト みやざき教育フォーラム2013
2013年2月16日(土)13:00~17:00(受付開始12:00)
宮崎大学木花キャンパス教育文化学部講義棟L111教室 
                                   他(分科会は各会場にて)
参加費無料
 
<プログラム>
●開会行事 13:00~13:10
 
基調講演 13:10~14:10 
       文部科学省 高等教育局大学振興課 教員養成企画室 鍋島豊 室長
 
パネルディスカッション 14:10~15:00
     「教育委員会・学校と宮崎大学の連携・協働による教員の資質能力向上方策」
<パネリスト>
西田幸一郎(宮崎県教育庁総務課課長補佐)
厨子透(宮崎市立宮崎東中学校校長)
兒玉修(宮崎大学教育文化学部学部長)
 
●休憩 15:00~ 15:30(ポスタープレゼンテーションを含む)
 
●分科会 15:30~17:00
A『確かな授業力をつける~教科の特性を生かした学習集団づくり~』
座長:竹内元(宮崎大学大学院教育学研究科准教授)
<指導助言者> 満丸洋一(宮崎大学大学院教育学研究科客員教授)
                                       ―確かな授業力をつけるために¨
           松竹妙子(西都市立穂北4ヽ学校校長)
                                       ―学習集団づくりの視点から―
           柳瀬智文(宮崎大学大学院教育学研究科准教授)
                                        ー国語の授業づくりの視点から―
<授業報告者> 竹内美貴(日南市立吾田小学校教諭)
                                   「教科の特1生を生かした学習集団づくりと授業力」
 
B『現代的課題に応える~新たな学級づくり・小中連携の方策~』
座長:吉村功太郎(宮崎大学大学院教育学研究科准教授)
<司会> 川越広幸(宮崎大学大学院教育学研究科准教授)
<実践報告> 三浦哲至(日向市立日知屋東小学校主幹教諭)
          佐土原誠(小林市立野尻中学校教頭)
<コメンテーター> 森幸子(都城市立西小学校指導教諭)
<総括> 押田員久(宮崎大学大学院教育学研究科准教授)
 
C『地域で育まれる教師力を考える~五ヶ瀬町との協働をもとに~』
座長:渡木秀明(宮崎大学大学院教育学研究科准教授)
<指導助言者> 松下修士(五ケ瀬町教育委員会指導主事)
                                    ―五ヶ瀬町が目指す教師像―
           押方彰― (五ケ瀬町立三ヶ所小学校校長)
                                    ―へき地教育における学校経営・学校問連携―
           木村光伸(五ヶ瀬町立鞍岡中学校教諭)
                                     ―へき地教育における学級経営・学校間連携―
           堀真朋(五ヶ瀬町立鞍岡小学校教諭)
                                     ―へき地教育における学級経営・学校問連携―
<学生報告者> 上園弘太郎(宮崎大学教職大学院2年)
           松田知晃(宮崎大学教職大学院2年)
                                     ―へき地教育における学び―
 
D『派遣研修における学び~現職教員の研究~』
座長:添田佳伸(宮崎大学教育文化学部教授)
<指導助言者> 高森賢― (宮崎県教育庁学校政策課指導主事)
           幸秀樹(宮崎大学大学院教育学研究科教授)
<報告者> 鎌田頼彦(都城市立有水小学校教諭 前期派遣研修生)
                                 ―算数教育―
        田中美津枝(宮崎大学教職大学院現職大学院生 小林市立西小林中学校教諭)
                                 ―保健体育―
        今村昭仁(宮崎県立延岡しろやま支援学校教諭 宮崎県教育研修センター研究員)
                                 ―特別支援教育―
 
[問い合わせ先]
Fax:0985-58-5287
Mail:forum@of.miyazaki‐ u.ac.jp
宮崎大学教育文化学部附属教育実践総合センター
 
★①所属等 ②ご氏名 ③連絡先(お電話番号またはメールアドレスをご記入ください) ④希望分科会
 必要事項を、FaxまたはMailにてお申し込みください。 
 
2013.2.16.pdf  チラシ

2013/01/29

成人発達しょうがい当事者会 a tempo 集会
 毎月1回、成人発達しょうがい当事者さんや支援者の方々が集まって情報交換や様々なお話をしています。興味のある方はぜひご参加ください。(当事者さん、支援者さん、興味のある方はどなたでも参加できます。)
 
●日時:25年2月11日(月・祝日) 
                  午後1時30分~4時(受付開始 午後1時)
●場所:南九州大学 都城キャンパス 1105教室
                  (〒885-0035 宮崎県都城市立野町3764番地1)
●内容:前半、自己紹介と全体での話し合い。
           後半(時間があれば)、当事者、家族・支援者と別れて話し合い
 
連絡先:林(メールアドレス nhayashi@nankyudai.ac.jp  
                          携帯電話 090-1159-8741
 
主催:子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ 

2013/01/24

ポン太学習会「茶話会で学ばせて頂いたこと ~社会学的研究結果のご報告~」
講師: 山下 亜紀子 氏(宮崎大学教育文化学部家政教育講座 准教授)
     専門:家族社会学・地域社会学・福祉社会学・家庭経営学
                             (最近の研究テーマ:ケアをしている家族の支援について)
     担当科目:家庭経営学・家族生活学・家庭管理学など
 
★山下亜紀子先生は、毎月行っているポン太茶話会に一緒に参加し、研究してくださっています。
 (それを学会などでも発表してくださっていることは、とても有難いことだと思います。)
 子供の事で私たち保護者が悩み苦しみどうしていいかわからない状態の中で、仲間同士が集まり、語り合い、相談し、情報を得、アドバイスを聞いて行動する。
 私たちは仲間の存在の大切さを心で感じて知っていますが、その2年間の茶話会での研究を、今回、山下先生がお話してくださいます。
 いつもの学習会とは少し違うかもしれませんが、自分たちの実際の言動を客観的に見てみる良い機会だとも思います。
 それを知る事で、「自分たちと子どもたちのこれから」に役立てるといいですね^^
 (茶話会でお話してくださった個人情報はわかりませんので、ご安心ください)
 
●日時:25年2月22日(金)19:00~21:00
●会場:都城市総合文化ホール 会議室 B
                     (都城市北原町1106番地100 )
●参加費 : 無料  ※託児もあります(要申込)
●主催:子どもと家族・関係者の集まり  ポン太クラブ ポン太クラブ
●申込・連絡先:子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ
        daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712(外山)
 
2013 2 22.pdf  チラシ

2013/01/20

都城市ファミリー・サポート・センター 登録会員情報交換会Ⅱ
「ファミリコンサート ~みんなで楽しいひとときを~」
★2月9日(土) 
       開場:6時~ 
       コンサート:6時30分~8時
★会場:都城市コミュニティーセンター(宮崎県都城市姫城町10-7)
★出演  Sayuri Ann(音楽家・ミュージシャン)
★参加対象:都城市ファミリー ・サポトセンター登録会員とそのご家族
                    他、ファミリーサポート事業に関心のある方
★参加申込:電話にてお申し込みください
★申込締切:平成 25 年 1月 31 日(木) 
                               ※定員 200 名になり次第締切ます
申込・ 問合せ先  都城市ファミリー ・サポート・センター
                               (〒885 -0077 都城市松元町4-14 市総合福祉会館内 TEL 0986-26-3810)
主 催         社会福祉法人都城市社会福祉協議会 
                                          都城市ファミリー ・サポート・センター
後 援         都城市福祉部こども課
 
◎外山は都城市ファミリー・サポート・センターで仕事をしております。
 興味のある方なら、どなたでも参加できますので、どうぞお気軽にお申し込みください。
 絶対に楽しいですよ^^ 
 
2013.2.9.pdf  チラシ

2013/01/20

20130118.jpg

ポン太学習会のご報告
「ひらきなおりのすすめ ~頑張っているお母様方へ~」
講師:河野次郎先生(宮崎県精神保健福祉センター 所長、県立宮崎病院 精神医療センター 精神科医師)
 
1月18日(金)19~21時、都城市総合文化ホールにて、河野先生のお話をお聴きしました。
河野先生は、ポン太の茶話会にも参加してくださるんですが、いつも静かに…一言のアドバイスがどーんっと響くんです。
今回、河野先生がどんなお話をしてくださるのか本当に楽しみで。期待通りっ!やっぱり楽しい2時間となりました。
 
・子どもに発達障害や知的障害があって何が悪い!
・子どもの育て方が完璧でなくて何が悪い!
・母親らしくなくて何が悪い!
・不出来な嫁で何が悪い!
・過保護で何が悪い!
・間違ったことをして何が悪い! などなど…
ひらきなおる気持ちを持つことや常識を覆すこと、アイ・メッセージ、ラベリング理論、こころがけていると良いことなど具体的に教えて頂きました。
そして大切な目標として「子どもも親も元気で自由でいられること」「困ったときには誰かに相談して、助けを求めることができるように」と。
河野先生の優しさがいっぱいの嬉しい2時間でした^^
 
下記に参加された方の感想を掲載します。
●自分自身の行動や言葉をもう一度振り返り、子どもの目線に立って行動し、言葉を発さないとなぁーと思いました。
 私は既にひらきなおっているのか?まだひらきなおれていないのか?もう少し子どものこだわりや困り感を楽しい方向に向けられ、もっともっと子どもの良いところを見つけていけたらなぁーと思います。子どもが大人になって、あんなこともあった、こんなこともあったと思い出話ができる日がくるのを楽しみにしています。
 
●「ひらきなおり」に惹かれて参加しました。まだリストカットはしませんが、思春期にある我が子も「自分を罰したい」的なこと考えてたのかな~と思い当たるところがあり、はっとさせられました。人を操るテクニックを、自分がほんの一部ですが、夫・子どもに対し使っていたことに気付き「やったー私がんばってる~うまくやれてるじゃん!と何だかうれしくなりました。アイ・メッセージをもっと具体的に自宅用にカスタマイズ!したいです。
 
●子どもと関わる中で「ひらきなおる」場がたびたび出てきます。大人として子どもへの関わりを毎日模索しています。言葉掛けの重要性はとても良く分かっているのですが、それが、なかなか難しく反省の毎日です。人は一人ひとり違うのは当たり前。もちろん関わり方にもそれぞれだと思います。アイ・メッセージの大切さは今日初めて知り、少し気持ちが楽になった気がします。ぜひ帰ってから気持ちをリセットして頑張りたいと思います。また相談にも乗って欲しいです。
 
●そこまで子育てで煮詰まっているつもりはなかったのですが、はじめの「子どもに発達障害があって何が悪い!」「母親らしくなくて何が悪い!」…の文面を見てほろっとしたので、どこかで肩に力が入っているのだろうなと思いました。穏やかな語り口で言葉がすんなり入ってくる気持ちでした。グループワークで少し情報交換ができ良かったです。もうひとつのねらいは託児で、息子をポン太に近づけることでした。想像よりすんなり入れたようなので、ポン太キッズにもいつも参加したいなぁと思います。
 
●沢山のお土産を持って帰る事が出来ました。有り難うございました。今日勉強させてもらったことを、今後、子供と関わる上で参考にさせていただきたいと思います。
 
●「自由で元気な」ということは、ご家族にとっても大切なお話だったと思います。いろいろ考えさせられました。自由になるために役立ちそうな言葉がいくつもありましたので、これから自分でも使いたいですし、お会いする人たちにもお伝えしたいと思います。
 
●良い母親でなくてもいいんだ!ひらきなおっていいんだ!心のつっかえがスッと消えたような気がしました!アイ・メッセージの練習をしようと思います。
 
●アイ・メッセージ、ラベリング理論etc  感じること大でした。今日の事は勉強中(臨床心理士)の娘に電話します。
 
●河野先生の講演はとてもとてもおもしろくて心に沁みました。「ひらきなおりのすすめ」頑張っているお母様方へという言葉に惹かれての参加でしたが、その通りの講演で良かったです。
 
●河野先生のゆっくりしたお話の仕方に癒されました。アイ・メッセージも知っていたのですが、使ってみようと思ってきました。ラベリング理論も自分の人間関係に役立ちそうな感じですね。もちろん子供にも使っていきたいです。
 
●楽しく聴かせていただきました。開き直ることは自分自身が楽しく自由に生きるために大切なことだと思いました。つい常識的に考えて、それと比べて違うとイライラしたり…あえて常識的ではないことを考えると楽しく気が楽になるんだなぁと思いました。
 
●いつも茶話会で物静かにたたずんでらっしゃって、ここぞという時の一言がいつんも素敵な先生だなぁと思っていました。今日の先生の講演を聴けて、先生のお人柄や穏やかなトークと内容で、来てよかったです。
 
●今日はこのような大切なお話を聴くことが出来て感謝しています。今後の為になりました。
 
●先生が淡々とされていて、それが時間経過と共に何だか面白くなってきました。今回は割と包括的なテーマだったと思うのですが、次回は何かにもっと絞り込んだディープな講話も拝聴してみたいですね!あと、コーヒーのセルフサービス、あれ嬉しいです。ごちそう様でした。
 
●子育てする中で、アイ・メッセージのこと、自分のこと、とても勉強になりました。やっぱり親自身が元気でないとだめですね。まずリラックスして楽しみます。
 
●河野先生のお話、ぼくも楽しみにしていました。自分でも気付かない所、間違い、伝える事の大切さ、これから少しずつ直していこうと思います。 

 

 

2013/01/19

ポン太学習会「思春期の困りごと、あれこれ」 ご報告。
(ご報告が遅くなりました、すみません)
24年12月21日、都城市総合文化ホールにて熊谷良子先生をお招きして、お話を伺いました。
参加者の皆さんにも簡単な自己紹介と悩みを語っていただき、良子先生からアドバイスをもらいながらの勉強となりました。
皆さんと一緒に時間を共有…これもまた楽しみの一つです。
 
 
私の大好きな良子先生の言葉のひとつ「それでいいのよ」 
いつもいつも励まされて、勇気づけてもらっています^^
必ず私の後ろにいてくれる(良子先生の姿は見えずとも)大きな大きな支えです(笑)
ねっ 良子先生っ!(とやまより)
 
下記には参加された方の感想を掲載します。
 
●子どもにとって自己決定する事の大切さを知り、待ってあげてたかなぁ…、私が答えてなかったかなぁ…と感じました。子どもだけではなく、自分も一緒に自己決定する作業を楽しんだり、対立・問題も柔軟になります。
 
●本当に参考になるお話でした。もっと寛大な親になっていいんだと思いました。
 
●初心に戻った気がします。やっぱり熊谷先生だなぁー 大好きです。子どもに会わせたーい! 子どもと向き合っていきます。楽しみます。
 
●長女の障害の事で学習会に参加したのに、「9歳の壁」の話を聞き、次女のまさにその通り!と思いました。悩んでいた事が、パーっと霧が晴れたように解決したように思えました。「よく観察する、よく聴く」心に刻みます。
人生は「問題」の連続。人間関係は「対立」の連続。この二つの言葉を念頭に置き、ちょっと気楽に考えて捉えてみたいと思いました。
自分だけが悩んでいるのではないと知り、ちょっとだけで心が軽くなったような気がします。マイナス思考ではなく、プラス思考で子どもに接していきます。
 
●息子の身体だけでなく、日々成長する心を息子と大事に大事に大きく大きくなるように一緒に付き合っていこうと思います。発達障害の子どもをもった事の意味を自分の力にできたら、これ程の幸せはないのでは…という事に気付きました。泣いたり笑ったりしながら、自然体で無理せず生活することも大事だと思いました。
 
●親との接し方を少し変えて付き合ってみようと思いました。自分が親になった時の子どもとの付き合い方、性教育の仕方など勉強になりました。
 
●本日は初めて参加させて頂きましたが、たくさんの話を聞くことができ本当に良かったです。リフレーミング、子どもの育て方を主人と話し合った時に不定語を使わずボジティブ語で!と思ってやってきたつもりでしたが、本日の参加で改めなくては…と思い当たる節があったので再認識し「笑う門には福来たる」で過ごしたいと思います。コミュニケーション能力の向上には、NO!イヤ!と拒否もできる術を子どもに合った形で子どもと一緒に見出していきたいと思います。「神様は乗り越えられない試練は与えない」そう思っているからこそ、子どもと自分、そして周りの人達がいつも笑顔で過ごせる柔軟性を忘れずにいたいと思います。 

2013/01/10

ひらきなおりのすすめ ~ 頑張っているお母様方へ ~

 

講師:河野 次郎 氏

             宮崎県精神保健福祉センター 所長

            県立宮崎病院 精神医療センター 精神科医師

 

●日時:1月18日(金)19:00~21:00

●場所:都城市総合文化ホール 会議室1

●参加費 : 無料 ※託児もあります(要申込)

●定 員 : 70名(定員になり次第、締切)

        ご興味のある方なら、どなたでも参加できます。

●主催:子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ

●申込・連絡先:子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ

  daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712(外山)

 

2013.1.18.pdf  学習会チラシ 

2013/01/09

茶話会を毎月1回開催しています。
今月は午前中です^^ 
どうぞお気軽にご参加くださいね。
 
★今回は開始時間がいつもより30分早いです。お間違えのないようにお気を付け下さい。
1.開催日時 : 1月23日(水) 9:30~11:30 
2.会場  : 都城市総合社会福祉センター
                          都城市 松元町4-17)
3.参加者 : 事前に申し込みをされた方
                   (保護者・支援者・当事者さんなど、どなたでも参加できますよ) 
4.申し込み先 : ポン太クラブ会長  外山明美
                         (daichi-kentarou@btvm.ne.jp 090-6297-5712 )
5.その他 : 参加料はありません。
 

2013/01/08

ポン太クラブ 茶話会(県北)のご案内
●日時:2月3日(日)13:00~15:00
●会場:宮崎県立延岡しろやま支援学校(延岡市野地町3丁目3477番地2)
●参加費:無料 ※興味のある方なら、どなたでも参加できます。
●申込締切:1月27日(日)
 
<主催> 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ
     宮崎大学教育文化学部 山下亜希子研究室
<申込・連絡先> 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ

daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712(外山)

<研究協力についての問い合わせ先> 宮崎大学教育文化学部 山下亜紀子研究室

    akiko-y8@miyazaki-catv.ne.jp 0985-58-7546(山下研究室直通)

 

2013.2.3.pdf  茶話会チラシ

 

 ~ポン太クラブとは~

障がい児さんを中心に家族やボランティアが集まり、様々な活動をしています。

ポン太クラブに集まる子ども達の障がいや診断の有無・種類・程度はばらばらで、いずれかの方向に限定されてはいません。

保護者も一緒に活動に参加します。

保護者同士で話したり、大変さの分かる者同士で愚痴るだけでも大きな意義があります。

我慢しすぎずに、自分をだせる場所・仲間は必要です。

私たちは、それぞれに出来ることを話し合いながら、生涯にわたって支え合う力や関係を育てることを目指しています。

来て楽しんでもらって、みんなで力を合わせて、それぞれが持つ力をそれぞれの立場で役立ててもらうことだと思います。

親が自分の子どもの診断を受けた後、どこにどう相談していいのか分からないという問題に直面することがあります。

また、具体的な診断名はつかないが、個性的で、おそらく少数派だと思われる子どもさんもいます。

そういう不安を抱えたご家族と一緒に支え合っていけたらと思っています。

子どもと家族、教育、医療、行政などがさらにつながっていくため、お役に立てる集まりであればと願います。 

2013/01/07

第3回ポン太キッズ「ウォーキング大会in祝吉」
●日時:平成25年2月17日(日) 
        ※雨天時は24日(日)に延期になります。 
●内容:沖水川河川敷約6キロコース     
                          ↑ これだけ読むと「えぇーっ! と思うかもしれませんが、子ども達はお兄さん・お姉さんと歩きながら…道端に虫はいるのか?花は咲いているのか?何か冬に発見はあるのか???3学期の学校は?友達は?好きな子は?なーんて親には話せない事語りますから…楽しむはず。。。運動不足の冬…ましては正月太りの今…脂肪を少しでも燃焼させましょう、、、お母様方。。。一緒に歩くわよ!もちろんパパ達も一緒にご家族でどーぞ^^
★もう一つ、この大会は「祝吉地区まちづくり協議会」の企画です。私もポン太クラブの代表(&祝吉地区の住民)として毎月会議に出席しています。健康福祉部門の中でも「人に優しいまちづくり」ということで障がいやボランティアに関する学習会・講演会を開催しています。2月には私も学習会で講師としてお話させていただきます。地域の理解…なかなか難しいですが、少しずつでも一緒に進んでいけるといいなと思います。子ども達一人ひとりを大事にしていきましょう^^
 
<集合>8:15 祝吉地区公民館(宮崎県都城市郡元1丁目1-4) 
        ※ポン太クラブマークの赤いジャンバー目指して集まってください。
          一般の参加者も多いです、昨年度はスタッフも含め250名
    子どもたちと担当学生ボランティアさんとの顔合わせをしますが、保護者は当日の体調などを学生さんに伝えてくださいね。
<開会式>8:45~
<出発>9:00  それぞれ歩きます ※ゴールには、温かいぜんざいが待ってます^^ 完歩証明書ももらえます。
<各自解散>11:00頃 終了予定
 
●参加費:ポン太会員さん 無料(一人100円必要ですが、ポン太クラブから出しますね^^)
        ※ ポン太会員さん以外での参加希望の方、ご相談くださいね。
●持ってくるもの:タオル、飲み物、帽子など
●申込方法:①参加氏名 ②年齢(学年) ③雨天時延期の24日にも参加できるのか?
●申込締切:2月1日(金) 外山まで  daichi-kentarou@btvm.ne.jp  090-6297-5712
         質問・疑問・不安なことなどありましたら遠慮なく外山までお問い合わせくださいね^^
 
 
 
 
 

ページの先頭へ戻る