「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2012/08/21

ポン太クラブでは昨年9月より「成人発達障害当事者会・準備委員会」を毎月1回行っています。その中で、8月19日(日)に学習会「恋愛と結婚」を開催しました。この様子は、昨日の宮日新聞でも掲載されましたが、明日は学習会の詳細が宮日新聞に掲載されます。どうぞ、ご覧くださいね。

 

当事者交流会 at 宮崎地区

 

 昨年度より都城市内を中心に発達しょうがい当事者会の立ち上げを行う中で、宮崎で当事者交流会を行いたいとの要望を受け、今回は下記の内容で行います。興味のある方はぜひ来てください。

(当事者さん、支援者さんなど、興味のある方ならどなたでも参加できます。)

 

日 時:916日(日曜日) 午後2時~4(受付開始 午後130分)

 

場 所:宮崎市総合福祉保健センター 2F 研修室

        (宮崎市花山手東3丁目25番地2

 

参加費:無料

 

内 容:ゆったりとくつろぎながら、話し合い、聴き合う

 

連絡先:林(メールアドレス nhayashi@nankyudai.ac.jp 

       携帯電話 090-1159-8741)までご連絡ください。

 

主催:ポン太クラブ 成人発達障害当事者会・準備委員会

2012/08/14

こやし倶楽部の第2回目の講師をお願いしましたのは、宮崎東高校に通う19歳の女子高校生です。
彼女との出逢いは5年前。中学生であった彼女はとても優秀な生徒さん。まじめで頑張りやさん。
一生懸命勉学に励み、自身の目標は、お母さんを喜ばせること・・。
それは・・深い深い事情がありました。大好きなお母さんを亡くされて世間で言う優等生だった彼女は燃え尽き症候群になりました。思い切って全く別の世界に足を踏み入れたことで、自身を取り戻すことが出来ました。
その当時、リハビリのつもりで、黑木農園に通うようになった経緯があります。当初より、娘のようにその姿を見守り続けたお話や、彼女の家族間の葛藤、学校との関わり、先生や友人らとのやりとり・・そんな話を希望を持って語っていただきます。
夏休み期間中に企画させていただきましたその理由は、子供さんと聞いていただきたかったからです。
一人ではないことをここで理解していただいて、そして何か希望の光を受け取っていただきたいと、企画しました。
教育現場に携わる方も参加してくださると、子供達のココロを少しでも知ることができるのではないでしょうか?
いろいろな意味で参考にしていただきたいなあと思います
 
講話者:林真美さん(宮崎東高校在籍 19歳)

●日時:8月24日(金)19時~
●会場:高鍋まちなか本店2階(宮崎県児湯郡高鍋町大字高鍋町699)
参加費:500円
●申込・問合せ先:こやし倶楽部(黒木由香さん) 080-5273-1115 

※終了後懇親会を開きます。予定としましては、近くの飲食店を準備いたします。決まり次第お知らせします。飲食代は参加者の皆さんでシエアしますので、よろしくお願いします。

2012/08/01

茶話会を毎月1回開催しています。今月は夜です^^ どうぞお気軽にご参加くださいね。
1.開催日時:8月31日(金)19:30~21:00
2.会場 :都城市総含社会福祉センター 2階・小会議室(託児は3階・和室)
3.参加者:事前に申し込みをされた方(どなたでも参加できますよ)
   申し込み先:ポン太クラブ会長 外山明美
            (daichi-kentarou@btvm.ne.jp   090-6297-5712 )
4.その他:参加料はありません。

ページの先頭へ戻る