「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

2012/07/21

2012年9月に第43回九州保育団体合同研究集会宮崎集会を都城(南九州大学)で開催します

学習会のお知らせ

子どもたちのいまと子育てを考える

 

いまの子どもたちは、これまでとは違った「生きづらさ」を感じながら生きています。さまざまな国際調査の結果は、日本の子どもたちの次のような現状を浮かび上がらせています。自己評価(自分自身についての評価)が低い、「自分は自分であって大丈夫」という感覚(自己肯定感)が弱い、ちょっとしたことでキレやすい、孤独を感じることが多い、キャラを演じて疲れる等々です。このような子どもたちの「生きづらさ」は、社会のどのような変化から生まれているのでしょうか。そしていまどのような子育てが求められているのでしょうか。こうしたことについて考えてみたいと思います。

 

●と き  2012年8月7日(火)

          19:00~21:00

●ところ   南九州大学都城キャンパス 1号館    

         (都城市立野町3764-1)

●講師 渋沢 透 先生(南九州大学人間発達学部・子ども教育学科教授)

専門:教育学

●参加費  無料

●問合せ先    第43回九州保育団体合同研究集会  

           宮崎集会事務局

         (南方保育園内 ℡0985-39-5400

 

渋沢 透先生 プロフィール

東京大学大学院 教育学研究科 教育哲学専攻 博士課程後期修了。教育学修士。

19904月 南九州短期大学講師

19944月 南九州短期大学助教授

19984月 南九州短期大学教授

20094月 南九州大学 教養・教職センター教授(20103月まで) 

現在に至る

ページの先頭へ戻る