「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2012/03/22

 
 
3月4日(日)小雨の降る中、青島青少年自然の家でのお祭りに54名で参加してきました。
大型バスでの移動は楽しいですねぇ~
 毎回、子ども達は大喜びです^^
いろんな遊びが準備されていて、子ども達はお兄さん・お姉さん達と一緒に、にこにこ笑顔で遊んでいました。
お弁当も美味しかったしね^^ 今回も楽しいキッズでした。
青島青少年自然の家のスタッフの皆様、そして宮交バスの運転手さんお2人も、とても丁寧に対応してくださいました。いつもありがとうございます。
今回は「都城市こども基金活用事業補助金」で活動させていただきました。大切な子ども達の成長・将来のために、、、たくさんの方々に感謝です。
 
下記に参加された方の感想を掲載します。
●今日はお疲れ様でした。疲れたけど子供達みんな元気で大人の僕達が子供達の笑顔に元気になります。これからも子供達と成長していけたらと思います。これからもよろしくお願いします。
 
●やっぱりポン太は楽しい(^-^)ですわ・コアカレッジのお姉ちゃんありがとうございました。カヌー体験は、陸に乗り上げてズボンが濡れちゃいましたが、面白かったそうです。その後の宮崎大学の物作りコーナーも集中して出来ました。サイクリングが意外と楽しかったようです。なんてったってポン太さんのおかげで楽しい思い出が又出来ました。3年前の最初のポン太活動はここでした。もうすぐ6年生になります。心も体も成長しました。ありがとうございます。
 
●天気が心配でしたが 屋内でけっこう遊べてよかったです。会場を今ひとつ把握してなく 諦めたコーナーがあったのが残念でしたが、体育館のコーナーをまわっただけでも景品がもらえて 子供たちも満足したようでした。お弁当を一人分ずつ持たせて 学生さんとでも家族とでも食べられるようにしておいた方がよかったのかなと思いました。初めてボランティアに参加してくれた学生さんの 新しい能力を発揮した瞬間を見れて よかったです。みんな一生 進化し続ける存在なんだな~と ほのぼのしました。楽しい一日をありがとうございました。
 
日曜日のキッズ、ありがとうございました。初めて参加させていただきましたが、親子共楽しく過ごすことができました。あいにくの雨でしたが、体育館でのイベントもたくさんあり、子どもも飽きることなくゲームに参加していました。ついてくださったボランティアの方々が、子どものペースに合わせて動いてくれて、ゲームの結果がよくなくても前向きな言葉をかけてくれたり、ずっと丁寧に関わってくれました。帰りのバスでは、お姉ちゃん達とお別れしたくないと泣き出す程、仲良くしていただきました。なかなかバスで遊びにいく事がないので、バスでのマナー(静かにするなど)を教えたり、いい機会になりました。「またポン太クラブにあいたい(参加したい)」と子どもが言っていて、本人にとってとても楽しくいい経験になりました。子どもの安心できる環境で、色々な方と関わることが本人の成長につながると思います。ありがとうございました。
 
●子ども:とても楽しかった。また行きたい
親:ボランティアさんに遊んでもらえて本当にありがたかったです。最初は人見知りして黙っていましたが徐々に慣れてきて遊べたようです。母は、雨で散策ができなかったので、一人で手持ち無沙汰というか少し淋しかったです(^。^;)
 
この前のポン太楽しかったです!風船をもらったり、ぜんざいを食べたりしました。

 



 

2012/03/19

20123111.jpg 
 
3月11日(日)に南九州大学で行われた「みやこんじょボランティアフェスティバル2012」 
ポン太クラブでは沢山の社会人ボランティアの皆様のご協力により「焼きそば・ぜんざい・フリーマーケット」を出店いたしました。焼きそばは行列もでき、ぜんざいも完売。フリーマーケットも殆ど売れました。
その売上「80,209円」が東日本大震災の義援金として寄附されます。
当日はポン太の子ども達もお店屋さん体験として販売のお手伝いをし、お祭りにも楽しく参加することができました^^ 
とても有意義な1日だったと感じます。
準備に打合せ、当日の販売、片付けなど、たくさんの方々のご協力により活動することができました。
心より感謝しております。ありがとうございました。

2012/03/18

「子どもさんとご家族から教えられてきたこと」
~自身をみつめる視点をどのように育てていくか~
 支援学級教室での模擬授業体験あります。
 
講師 石本 隆士 氏(臨床発達心理士)  
プロフィール:都城市立祝吉小学校自閉症・情緒障がい特別支援学級担任、指導教諭
 
 27(火) 19:00-21:00
 
ところ:都城市立祝吉小学校 こころ学級 (都城市祝吉三丁目14番地1)
定員:20名 ※どなたでも参加できます
参加費:500円  
 
主催 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ
連絡先 子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ

ページの先頭へ戻る