「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

2011/04/09

グリーンランド(お弁当).jpg グリーンランド(ゴーカート).jpg グリーンランド(帰りのバス).jpg
 
都城市こども基金の助成を頂き、熊本グリーンランドへ行って参りましたぁ~
お天気も良く、朝から...
いやいや、、、みんなは行く事が決まった時から わくわくっ うきうきっ
宮交さんの大型バスに44名乗り込みぃ~ 
バスの中もいっぱいで賑やか
。。。になったのは、ちょっと時間がかかってから^^
さすがに逢ったばかりの最初は少し緊張気味ね(笑)
片道3時間は長いよねぇ...まだまだ?の声もたまに聞きながら。
高速を下りて、、、大きな観覧車が見えてくるとぉ~ やっと着いたよぉ~っ
走って行きたいところだけど、そこは集団行動。並んで並んでぇ~ 団体受付です。
本当にポン太の子ども達はおりこうなんです!キッズ5年間の賜物かっ
到着は11時過ぎ、広場にシートを広げて、みんなで早めに腹ごしらえっ。
それから後は自由行動。
もぉ、ばらばら。。。なかなか逢いません。
2時50分に出口付近に集合。
これまたちゃんと守れるのがポン太の子ども達。素晴らしいっ!
子ども達も学生も、最初の緊張はどこへやら...
みんなのニコニコ笑顔が安心させてくれますねぇ~
滞在時間が4時間と短かったことも良かったのか!?
「まだ遊びたい」「また行きたい」などなど。。。
帰りのバスも皆さん爆睡でしたよ。。。
 
参加者みんなが楽しめるって本当に良いですよね。
遊びの企画の楽しさに、子どもも大人も学生も、、、年齢なんて関係ないっ!
都城市にも感謝ですし、何度も見積もりを出してくださった(企画の変更、変更で)宮交の方、凄く優しく対応してくださったバスの運転手さん、ボランティアの学生さんに社会人スタッフ、準備をしてくれたポン太ママたち。
ひとつの企画に 表面には見えない沢山の方々がいつも関わってくださっています。
子ども達の将来のために...子ども達が社会と繋がっていくために。これからもたくさんの経験を積んでほしいと思います。
 
次はどこに行こう^^ へへへっ
 
 
下記に参加された方々の感想を掲載します。
 
●中2の長男、中1の次男(知的障がい)、4歳の娘を連れて遊園地に行くのははっきり厳しい。それぞれに乗れるものも違い、興味も違う。昔から...普段から障がいのある次男の動きに合わせる為、兄妹にも我慢ばかり。普段から行く場所や動きに限りがある私たちにとって、ある意味、少しでも自由な動きが取れるための学生ボランティアさんの存在は言葉で伝えきれないほどの大きな存在です。初めて逢っても、学生さんと子ども達には「楽しい」ってつながりで直ぐに仲良くなれるんですよねぇ~ 親にはできない役割があると感じます。
今回のキッズも、子どもたちそれぞれに楽しい想い出もできました。私も4歳の娘になかなかべったり構うこともできず、普段から申し訳なく思っていたので、とても良い時間をいただきました。私自身も気持ちよく遊ぶことができ、心から「あ~っ 楽しかったぁ~ さいこぉ~」と叫べますっ また行きたい。 関わってくださったたくさんの皆様に感謝です。。。
 

●ポン太クラブの活動は、子供たちも親も毎回楽しく参加させて頂いていますが、今回はグリーンランド、ということで、ずいぶん前から子供は楽しみにしていました。学生ボランティアの方々が、子供についてくださったので、バスの中もとても楽しそうでした。遠出をすることはありますが、親に連れられて遊ぶのとは比べられないほど楽しかったようです。特に遊園地は兄弟で乗りたいものや興味が食い違うことがあるので人手があるととても助かるなあと感じました。補助金のおかげで、とても安く参加できましたし、貸切バスのおかげで、遊んで疲れてもゆっくり帰ってくることが出来ました。個人では、帰りのことや費用を思うと、かなり思い切らなければならないレジャーですが、こういう活動を企画して頂くことでいい思い出がまたひとつできたと感じでいます。ぜひ、また参加したいです。準備、連絡等々お忙しかったと思います。ありがとうございました。

 

●初めての長旅に大丈夫だろうか?と不安もありましたが、思い切って参加してみて本当に良かったです。親子4人(父・母・小2重度・幼児6歳)の家族ですが、6月に初めて行ったときは入口からなかなか入れず、その後も乗り物から乗り物への移動が難しく殆ど車椅子で移動でした。先の読めない行動に不安もあり、途中で「車~車~」と車に戻りたいと言い出し楽しむまではいきませんでした。弟は遊びたいのに乗りたいところへ行けず、誰か一緒に行ってくれる人がいれば...と思っていたところにこの計画があり申し込みしました。

行きのバスでは、バスに乗れたことで子ども2人ともテンションが上がり、兄は外を見たり、両親と触れ合いながら行き、弟はボランティアのお姉さん2人とずーっとおしゃべりの花を咲かせていました。トイレ休憩もボランティアさんがいることでスムーズにでき、車が多かったので安心できました。

現地ではバスを降りると同時に兄が走り出し、順番を守ったり、団体のルールに従う事が難しかったのですが、ボランティアさんが手を握っていてくださり、その間に親もゆとりを持って一つ一つ声をかけて教えることができました。今までは社会のルールを教えるよりも捕まえていることで精一杯でしたのでとても有難かったです。

乗り物にも前回は5種類くらいしか乗れなかったのですが、今回は20回以上も乗って楽しんでおり、こんなに乗れることに驚きでした。そして何より乗り物に笑顔で乗っている兄の姿が信じられなく嬉しく思いました。一つでも二つでも楽しいと思えることを増やせた事が私たちにとってはとても大きく有難く感謝しています。

弟はボランティアさんに任せっきりで、お弁当もそっちのけで乗り物へ走っていき見えなくなってしまいました。

家に帰ると、大好きな「仮面ライダーのショーが凄かった」とか「これとこれとこれに乗ったよ~ お姉ちゃんが怖がって、このジェットコースターには乗れなかったんだ~」「僕もちょっと怖かったしね」等いろいろ話してくれました。

「もっと時間があれば良かった~」が最後の一言でした。そのくらい楽しめたようです。

今回の計画を実行するにあたり、お力を貸してくださいました関係者の皆様、又 外山さんをはじめ役員の方々、そしてボランティアの皆様には心より感謝いたしております。

 
●本当にありがとうございました。ジェットコースターに乗りたくて仕方のないうちの子は、あんなにたくさんの乗り物に大学生のお兄ちゃんといっしょに乗ってもらって顔も笑顔でいっぱいでした。とても母親では無理な事で...感謝でいっぱいです。帰りのバスの中では、初めてあった男の子と友達になってあんなに楽しそうにハシャイでました。これが数年前まで、話をしなかった子とは思えません。本当にみなさんのおかげです。ありがとうございました。それに、母子家庭の私には、とてもグリーンランドまで連れて行くのは金銭的には無理なことで、ポン太の外山さんはもちろん都城市に感謝致します。
 
●○○の感想〓楽しすぎた〓朝から晩まで遊びたかった、それより1ヶ月でも...ここがお家だったらいいなと思った〓初めてあったお兄さんとも仲良くなれたし、帰りのバスでゲームつながりだったけど同じ四年生とも知り合えて次のキッズであえるのが楽しみ〓
  
●グリーンランド 楽しかったです。 久々に 走り回りました。 遊園地を走って 遊ぶのは 久々でした。学生さんにも とても 良くして頂いて 子供も 私も 大満足でした○○も かなり楽しめたようで 話はつきません。それぞれ好きなアトラクションに 行けたことも 大きかったです。 家族で行くと なかなか 難しいので... 今、○○も日記書いていました。マスに書ききれず よほど楽しかったんだろうと 思います。今回補助金で こんな 楽しい 思い出を 作れました。本当に ありがとうございました。
 
●今日は本当に有難う御座いました。○○は初めての大型遊園地だったと思います。フリーパスでいろんな事に挑戦できて得意な物苦手な物がわかったようです。ボランティアの学生さんも親切に優しく対応して下さって安心してお任せでき、私も自分のペースで楽しめました〓次のキッズを楽しみにしてます〓
 
●今回、ポン太クラブで三井グリーンランドに連れて行ってもらい、本当に楽しくいい思い出になりました。私達が「ボランティア」という形だったのに、そのような感じではなく、本当に私自身が楽しませてもらいました。またポン太塾で一緒に勉強していたので、今まで見てきてたのとは違う一面も見ることができました。帰り着いた時に、お母さんと一緒に3人で少しお話をして2人から「ありがとう」という言葉をもらいとても嬉しかったです。三井に行った後日のポン太塾に行くと、来てすぐに三井の話しをすごく楽しそうに話しているのを見て、「行ってよかった」と改めて感じました。また機会があればぜひ参加したいです。

 

ページの先頭へ戻る