「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2010/08/23

★「心地よい自分、心地よい人間関係」

        講師:春日 由美 氏(臨床心理士) 

 
プロフィール:南九州大学人間発達学部子ども教育学科講師。心理学博士。専門は臨床心理学。これまで親子関係に関する研究を行いながら、福岡県を中心に中学校や精神科の病院などで臨床活動を行う。現在南九州大学都城キャンパス「子育て支援センター」にて、地域の方の子育てや親子関係の相談も受けている。
 
 
★私たちって、必ず誰かと関わっている毎日ですが、自分にとって心地よい時間を少しでも多く過ごすために、自己理解や他者理解…ちょっとお気楽に学んでみませんか?きっと「参加してよかったぁ~」と思える時間になると思います。春日先生の分かりやすくて楽しいお話です。皆様のご参加、お待ちしておりますっ。
 
 
●日時:9月10日(金)19時~21時 
●会場:南九州大学都城キャンパス 多目的会議室 
●参加費:500円 
●申込・問合せ先 daichi-kentarou@btvm.ne.jp 090-3882-6498 (外山)    
 
★22年度ポン太学習会 障がいのある子どもを育てていく地域づくりを目指して「共に、学ぶ」(第7回九州ろうきんNPO助成採択事業)
 

 

2010/08/23

第38回都北支部 母と女性教職員の会

「子どもたちに平和な未来を~子どもの心に寄りそって~」 

 
 
●期日:8月29日(日)
●会場:都城市コミュニティセンター 
●日程:全体会(挨拶・講演) 9:30~10:30 分科会(3分科会)10:40~12:30 
★講演「子どもの心に寄りそって ~生徒との関わりを通して~」 
 講師:野崎 加代さん(県立泉ヶ丘高等学校定時制教諭)    
●子育てのこと、学校のこと、勉強のこと、進路のこと…不安に思っていることや困っていることなどざっくばらんに話しませんか。まず、話すことから始めませんか。きっと、元気が出ますよ。 
●分科会
  ①子育てを考える(幼・小・中・高) 
  ②子どもの人権を考える 
  ③ともに強く生きるために 
●主催:都北支部 母と女性教職員の会 
●お問合せ:℡ 0986-24-3485  fax 0986-24-3641(宮教組都北支部 教育会館) 
●参加費:100円 
★保育利用希望の方はお早めにご連絡ください。 
★申込、外山でも大丈夫ですよぉ~(お名前・学校名など)
※参加は当日でも大丈夫ですし、講演会だけ、分科会だけでもOKです。どうぞ、つながりを広げてくださいね。

2010/08/16

<高橋みかわさんのお話しを聞いてみませんか!> 

 

 もう成人された自閉症の息子さんのお母様です。本を出版されたり、自閉症児のキャンプを主催されたり…とご活躍されています。このたび、久しぶりに小林に帰省されるということで時間を作っていただきました。
★プロフィール: 宮崎県小林市生まれ。防衛医科大学校高等看護学院卒業後、同病院に勤務。結婚を機に退職。その2年後、長男きらを出産。自閉症療育の日々が始まる。近年、保護者向けの勉強会や、教職員、ヘルパー、施設職員向けの勉強会等の講師をし好評を得る。2004年度体験学習法全国ミーティング、第9回日本キャンプ会議、第5回日本感性福祉学会にて「サポートブックと自閉症児スノーキャンプ」について共同発表。宮城県仙台市在住。自閉症児キャンプ「よかにゃん」主催。http://www.kuronowish.com/~kiramama/ 
 
 
「自閉症児のサポートブック」 解説:一口に自閉症といっても、知的能力と自閉的症状は人それぞれです。そのため、サポート方法はサポートを受ける方により異なります。だからこそ、サポートサイドが各個人に合ったサポートをするために、サポートを受ける方のあらゆる情報を共有する事が必要となります。そのために必要なのがサポートブックです。
 
 
★8月17日(火)14:00~16:00
●都城きりしま支援学校 小林校 中学部ランチルーム(予定) 
●参加を希望される方は、宮崎県立都城きりしま支援学校 小林校中学部(小林市東方3094-2) ℡ 0984-23-5177壹岐または教頭まで) ご連絡下さい。

 

2010/08/11

昆虫写真家 新開孝さんといっしょに!
「地球探検!虫からみた世界!」 

 

田んぼや池、林にすんでいるいろんな生き物の今・昔に会いに行こう!
昔いた虫、今はいない…今いる虫、昔はいなかった…。
これは、なぜなぜなぜだろう?
そんな自然への出合いが地球の変化を知る一歩に!
 
 
★第1回 もともと日本にいた生き物?それとも外国からきた生き物?
8月22日(日)山之口町あじさい公園 9:30 集合 
田んぼの生き物にはどんな物がいるでしょうか?
そしてそのルーツは?
観察会終了後は、公園でお弁当を食べます。
 
★第2回 林の昆虫 ~標本づくり~
 10月17日(日)母智丘公園 9:30 集合
蝶を中心に、林の昆虫を捕まえて標本をつくろう!
 
 
★第3回 水辺の生き物 網で捕まえよう!
11月 未定 網を持って来て、生物を捕まえて観察しよう!
 
 
★第4回 栗野岳の牧場で、ダイコクコガネを探そう!
 3月 未定 アートの森で、昼食(お弁当)を食べます。
 
 
いずれも現地集合となりますので、親子参加が原則になります.。なお第4回は、バスで行くのでバス代が必要になります。(1人1,500円~2,000円程度) ♪要事前申込み。
参加費は、1回につき親子で500円、子どもが1人増えたら200円ずつになります。
 
 
<新開孝さんプロフィール> 1958年生まれ。愛媛大学農学部にて昆虫学を専攻。学研映画で演出助手を経た後、フリーとなる。「ヤママユガ観察事典」「どこにいるの?シャクトリムシ」「里山の昆虫ハンドブック」「虫の飼いかたさがしかた」「すごいなぞうきばやし」など著書多数。
 
 
★申込先 都城市安久児童館 0986-39-5855  NPO法人こじぃの森・こどもの時間
 

2010/08/10

●日時:8月22日(日)14:00~17:00 

●場所:日向市社会福祉協議会(日向市富高207-3) ℡ 0982-52-2572 

●内容:

○14:00~14:05 開会、オリエンテーション 

○14:05~14:35「発達障害とは」 講師:延岡市発達障害者支援センター職員 

○14:35~16:05 講演「発達障がいの当事者の声を聴く」 

    講師:林 典生氏(南九州大学 環境園芸学部 専任講師) 

○16:05~16:20 休憩 

○16:20~17:00 フロアを交えて 

○17:00 閉会 

○18:00 懇親会 会場:和楽膳(日向市駅近く)  

※ 講演の演題等は変更することがあります。 

●参加費:会員・学生 300円・会員外 500円  

●発表及び参加申込:「参加申込書」に必要事項をご記入いただき、8月12日(木)までに、下記FAXにご提出ください。

参加申込先及び問合せ先:門川さくらんぼ保育園 古賀正之  tel/ fax0982-63-1624

 講演会チラシ(申込書) 2208講座案内.pdf

ページの先頭へ戻る