「子どもと家族・関係者の集まり ポン太クラブ」
代表 外山明美

自分で障がいの知識を学びたい。 知的障がいについて何も知識がない私。 子どもと一番長く一緒にいる私が何かしてあげるのが一番いいわけで。 ただ単純に勉強したい、それだけでした。

『自分に出来る事をできる範囲で楽しみながら』がモットーです!

カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別ブログ記事

2009/10/18

1月のポン太学習会では、小学校教諭・竹内美貴先生と一緒に過ごしましょうっ。
★演題 「教師として子どもたちに教えたいこと、学級担任の自分が子どもたちから教えてもらったこと」
★内容~今まで学級担任として私が出会ってきた子どもたち(ニーズを満たすのに特別な困難をかかえ、教師の学びと工夫を必要とする子ども)の話を中心に、私が子どもから学ばされたことや一教師として今後大切にしていきたいことを、ざっくばらんにお話できたらと思っています。せっかくなので、私が一方的に話をするというより、ご来場くださった方からの質疑にお答えしていく、といった形もとれたらと思っています。
★プロフィール   竹内美貴 (28歳)  宮崎市出身  宮崎大学教育文化学部中学校教育(音楽)コース卒業後、小学校教員となる。現在教員6年目。現在、日南市の小学校に勤務。  現在は、学校の合唱部を指導しながら、自らも音楽の勉強に励み、追究することをライフワークとしている。教員や教員を志す学生と、年1回舞台をもち、教員が教員以外の世界を大切にすることを発信し続けている。
●日時:平成22年1月15日(金)19:00~21:00
●場所:祝吉小学校傍になります。お問合せください。※アクセスから 
●会費:500円(会員) 800円(非会員) 
●申込〆切:1月13日(水) daichi-kentarou@btvm.ne.jp ポン太クラブ・外山まで

2009/10/17

NPO法人「こじいの森・こどもの時間」さんより。

毎月第三水曜日に熊谷良子さんの個別相談を実施しています。
10時~11時 ②13時~14時 ③1430分~1530分 ④16時~17時(計4人)
いずれも安久児童館まで電話で予約の上お越し下さい。
相談料は、1,000円です。
安久児童館 ☎0986-39-5855 担当:中元
 
★「熊谷良子さん(カウンセラー)」 平成9年にカウンセリングルーム「Do-Be」を開設され、不登校・ひきこもり・思春期青年期問題・アディクション(嗜壁)・依存症・摂食障害・家族・地域・職場での人間関係・家族問題(親子・夫婦)など、多岐に渡るカウンセリングに従事されています。保育園で仕事をされている時に「子どもの発達と青年期の意識構造」の研究に出会い、全国の保育園や障害児施設での実習や保育・障害者問題研究会などにも参加してこられました。学校や保育園など、講演も多数です。 今年度はポン太クラブでも5回連続講座の講師として6月~10月にお世話になりました。

2009/10/08

平成21年度みやざき特別支援教育啓発会議「共生社会を目指した学校・地域づくり」フォーラム(県南地区)

 

<1 目 的> 
県内の保護者や一般県民、福祉・教育等の関係者に対して、広く特別支援教育や発達障がい等に関する理解啓発を図るとともに、共生社会を目指した学校・地域づくりに向けた機運の醸成を図る。

 

<2 主 催> 
宮崎県教育委員会 宮崎県立特別支援学校長会 宮崎県特別支援教育研究連合 宮崎県立特別支援学校PTA連絡協議会 全国特別支援教育推進連盟

 

<3 共 催>
都城市教育委員会

 

<4 後 援> 
宮崎県市町村教育委員会連合会 宮崎県校長会 宮崎県県立学校長協会 宮崎県PTA連合会 宮崎県高等学校PTA連合会 宮崎県国公立幼稚園協会 宮崎県私立幼稚園連合会 宮崎県社会福祉協議会 宮崎県保育連盟

 

<5 主管校> 
宮崎県立清武せいりゅう支援学校 TEL0985-85-6641 FAX0985-85-6640

 

<6 所管校> 
宮崎県立都城さくら聴覚支援学校 TEL0986-22-0685 FAX0986-22-0628

 

<7 期日及び会場> 
平成21年12月6日(日) 都城市コミュニティーセンター

 

<8 対 象> 
幼稚園・保育所・小学校・中学校・高等学校、特別支援学校の保護者・職員 地域の方々 ボランティア関係者 福祉・医療・労働・教育関係者 企業関係者 等々 ※ その他、どなたでも参加できます。お気軽に、お誘いあわせてご参加ください。  

<9 日 程>
9:00(受付) 9:30(都ろう太鼓) 9:50(開会行事) 10:10(講演) 11:20(休憩・学校紹介) 11:40(パネルディスカッション) 12:30(閉会)

 

<10 内 容> 
(1) 講 演・講 師 橋本 昭彦 (県立みやざき学園副主幹) 演 題 「多様な子どもの発達支援について」
(2) パネルディスカッション テーマ 「多様な子どもの発達支援について」
コーディネーター 轟木 敏子 (県立都城さくら聴覚支援学校チーフコーディネーター)
パネラー 肱岡 憲吾 (県立日南くろしお支援学校チーフコーディネーター)
米良 智子 (向陽の里相談員、元サポートセンターたかちほ相談員)
外山 明美 (保護者の会「ポン太クラブ」代表)
橋本 昭彦 (県立みやざき学園副主幹) 
(3) 県南地区の特別支援学校の紹介コーナーの設置

 

<11 問い合わせ・申込先> 
宮崎県立都城さくら聴覚支援学校 担当~教頭 金永 俊一 教諭 橋口 俊一
〒885-0094 宮崎県都城市都原町7430番地 TEL 0986-22-0685 FAX 0986-22-0628

 

<12 その他> 
(1)駐車には制限がありますので、できる限り相乗りでの参加をお願いします。
(2)参加申し込みの締め切りは、11月18日(水)とさせていただきます。申し込みは、郵送またはFAXでお願いいたします。

 

★参加ご希望の方は、ポン太クラブからも申込できますよぉ
●氏名●職名(保護者等)●自家用車の有無●手話通訳(必要有・無)をご記入の上、daichi-kentarou@btvm.ne.jp (外山)までご連絡下さい。


 

2009/10/06

●キッズ活動報告
<宮崎海洋高等学校・進洋丸乗船体験 2009.6.27>

20090627-1.jpg 20090627-2.jpg20090627-3.jpg

20090627-4.jpg20090627-5.jpg


初めての体験の人が大半だったと思います。緊張と・期待とで船内見学~興味をもってまわる子、自由に動きたい子どもと様々でしたが、船員さん達は対応に慣れていらしてすごし易い開始が出来ました。

波があり少々揺れた船釣りでしたが、その分、波があり竿のひきなどの感触は大きく感じ取れ釣りを実感できたように思います。釣れた人のを近くにいる人達で喜び・興奮したり、羨ましがったり・・・と様々でしたが大きな魚の感触を十分に楽しめた様に思います。


 昼食後、船長さんが講和をしてくださいました。少々、?で子ども達は退屈しそうな内容でしたし、マリンスポーツ前の気持ち・はやる中でしたが、騒ぐ事もなく、子ども達もその場に座って聞くことができました。「話しの内容は今一つわからなくても、その場で聞く姿勢を示しているポン太の子たちは偉い!!」とボランティアの森永先生・白谷先生からお褒めの言葉を頂戴しました。嬉しいです。


 マリンスポーツは開始早め・終了時間オーバー(トータル40・50 分ほど延長)するほど、積極的に皆さん体験されました。水上バイク・バナナボートに乗るのに列で並び、「乗る人」と聞かれれば子ども達は勿論、大人も「はい!はい!」と手と声があがる程~皆さん、とっても生き生きとした笑顔でした。この様に「子どもだけでなく,大人も積極的に参加する団体は楽しい!!」と、船員さん方も喜んで下さいました~。


 特に船長さんは上機嫌。強面の船員さん・船長さんが終始笑顔で関わって下さる程。又、船員さん方は受け入れになれているようで、子ども達に具体的な声かけを下さるので助かりました。水上バイクの速度も一人ひとりに確認をとってくださったり。又、待ち時間が退屈気味なAくんには水をためて遊ばせてくれたりと~色々な面での援助を頂けて終えることが出来ました。


今回は親子参加でしたが、ボランティアの先生方が全体をみて必要な子ども達への声かけ援助・先に準備して下さる等があり、スムーズな流れがありました。ありがたく、感謝です。とっても存在が大きかったです。

いつもの企画は、つい学生ボランティアさんに頼りきっての参加になりますが、今回のような参加も、とても楽しめました。そこには、船員さん方、ボランティアの先生方というサポートが頂けたのが大きいのですが、つい忘れがちな目線の「親子の関わり体験」が出来、満足でした。

 

参加者された方のご感想を紹介させていただきます。
久しぶりのポン太でした。みんな大きくなっていてびっくりしました。お話が上手になっていたり、できる事が増えていて確実な成長を感じました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
魚がつれたし、水上バイクが楽しかったです。
バナナボートに乗れたし、友達と、船の中を探検したのが楽しかったです。食事の配膳ができたのも楽しかったです。
親子で魚つりをしたり、ボートに乗ったりととっても楽しかったです。子どもたちが、いつもより、ポン太の子どもたちと遊んだり、話したりしているのを見て、すごく嬉しかったです。ありがとうございました。
乗船体験、楽しませて頂き、ありがとうございましたm(__)m 魚釣りでは、釣り竿の使い方から丁寧に教えて頂き、魚が釣れると、一緒に歓声をあげて喜んで下さったり、Aが、5つの仕掛け全てに、魚が、かかった時には、『こりゃあ七夕だ!凄いぞ!僕、スゴいよ!』と、声をかけて頂き、子供は、得意満面でした!!釣り上げた魚は、小ぶりだった事もあり、記念にとっておくとの子供達の希望で、我が家の冷蔵庫の冷凍室で保管しています。マリンスポーツも、乗せて頂いては、すぐまた、次の順番待ちに並ぶ等、活動時間中、ともかく、楽しそうに、パワフルに過ごす子供の姿がありました。『これで最後になりまーす!まだ、乗れますよー!』の呼び掛けに、『乗りまーす!』と、元気に答えたのは、母である私でした。親子共々、目一杯、楽しませて頂き、本当に感謝しています。なかなか出来ない体験をさせて頂き、楽しい1日を過ごさせて頂き、本当に、ありがとうございましたm(__)m
今回は、とても楽しい企画で本気で楽しめました。主人が仕事が、抜けられなく代わりに長男に来てもらいました。学校の土曜講習だったのですが、勉強より数十倍肌で自然を感じ、良い体験ができたと思います。B本人も「すっげー面白かった~」って言ってました。来年もあるっちやろかぁ~って嬉しそうでした。Bも、苦手なフワフワ物のバナナボート楽しそうに乗っていました。水上バイクは怖かったらしく…乗らないって最後まで言ってましたが、母はバナナに乗れたBを見て楽しかったです。最後のあいさつもあえて、練習せずに感じたことを言いなさいって言ったのでBらしく挨拶出来ました。一番ちっちゃいCは一番たくさんチャレンジしていました。もちろん私も大興奮でした。また行きたいです。「今度は魚をたっくさん釣りたいねぇ~」と、車の中でも笑い声が絶えませんでしたよ~。あと、食事もとっても美味しかったです。今度は、学校の家庭教育学級でも申し込みしてみたいです。楽しませて下さった海洋高校の皆さんに雨のためバタバタ帰ってしまいきちんとお礼ができなかった事だけが悔いに残ります。
釣り、ボード、水上バイク、船内探検と日頃体験出来ない事ばかりで、親子で夢中になっていました(私が…)DとE+私、まだまだ遊び足りなかった(笑)。子ども達の水分補給も、親以上に気を使って頂き、申し訳ない。船内の食事もこれまた美味でした!(レモンの酸味で元気が増し)元気復活。先生方のサポートのお陰で色々な事に挑戦し、一段と逞しくなったようです!本当に有り難うございます。

2009/10/06

★とうとう最後となりました第5回目のテーマは「発達障がい児の特別なニーズと特別の配慮 ―子ども・家族と社会との関係性とエンパワメント―」 最後の時間は、良子さんと皆さんと一緒にお話ができる時間を作りたいと思います。初めて参加の方でも大丈夫です。ぜひ参加して下さい。


講師 「熊谷良子さん(カウンセラー)」 熊谷良子さんは、平成9年にカウンセリングルーム「Do-Be」を開設され、不登校・ひきこもり・思春期青年期問題・アディクション(嗜壁)・依存症・摂食障害・家族・地域・職場での人間関係・家族問題(親子・夫婦)など、多岐に渡るカウンセリングに従事されています。

保育園で仕事をされている時に「子どもの発達と青年期の意識構造」の研究に出会い、全国の保育園や障害児施設での実習や保育・障害者問題研究会などにも参加してこられました。学校や保育園など、講演も多数です。良子さんのお話を聞く中で、子育てについてのヒントはたくさんあると思います。


●日時:10月9日(金)19:00~21:00 
●場所:社会福祉法人なのはな村  都城市一万城町82号4番 
TEL0986(46)3737  FAX 0986(46)3736) 
●参加費:500円 
●申込〆切:10月7日(水) daichi-kentarou@btvm.ne.jp  外山まで 
※当日参加でも大丈夫なのですが、資料が足りない場合があります。できるだけ事前に連絡をいただけると助かります。

2009/10/06

ポン太キッズ「高城・石山観音池公園での草そり・遊具遊び&焼肉」
●日時:11月8日(日) 10:00~13:30くらい  
●集合時間:10:00 
●集合場所:観音池公園「いきいきふれあいランド(都城市高城町石山4195)」建物下広場(リフトの下に建物があります。建物を正面にし左側奥に広場があります)
●参加費:大人2,000円、子ども500円 ※草そり大人300円(中学生以上)・子ども200円は各自ご用意下さい。 
 ○焼肉のみ参加の場合も、参加費は同額です。
 ○草そりのみ参加は、参加費・大人500円、子ども300円(草そり代は各自ご用意下さい)
 ○スタッフ・ボランティアさんの草そり・焼肉代は、ポン太で負担します。
 ○会員以外の方でも、見学体験できます。
●持ってくるもの:おにぎり、水筒など ※温泉もあるので、キッズが終わってから温泉に入られる方は着替えも。
●申込〆切:10月25日(日) daichi-kentarou@btvm.ne.jp 外山まで

2009/10/06

★「素質論」入門編~人生ベクトルの違い~
自分らしい生き方とは? 子どものいいところは? 夫との会話が面白くない・・ 職場の人間関係に疲れる、自分自身のこと、そしていろんな人間関係において、自分のストレスはどこから来て、どうコミュニケーションをとっていけばいいのか悩むことはありませんか?


素質とは、「人が生まれつき持っていて、性格や能力などの基となる心的傾向」を言います。分かりやすく言えば「人が生まれつき持っている種の部分」です。生まれ持っている素質は一人ひとり違います。それを発見し、引き出し、生かしていくかを研究したものが素質論です。今回は素質論のほんの入り口「人生ベクトルの違い」をお話します。


★講師:外山 與子(とやまともこ)さん 宮崎県宮崎市生まれ  素質論インストラクター、素質論アドバイザー、チャイルドブリーディングアドバイザー、保育士。現在、Shanty Prema(シャンティ プレマ)代表、Human Society Live(ヒューマン ソサエティ ライブ)代表、宮崎県教育委員、宮崎県森林審議会委員、宮崎日日新聞「宮日報道と読者委員会」委員、UMKテレビ宮崎「うぃ~く.com」コメンテーター


●今回お招きする外山ともこさん、とても素敵な方なんですよぉ~ ポン太クラブでも凄くお世話になっておりますっ。ポン太・外山はいろんなお話しも聞いてもらっています。

ついつい時間を忘れてしまうくらい一緒の時間は楽しくて、今回の学習会テーマ「素質論」、これもまた楽しいっ 難しそうですが!?皆はまるかも・・・って思います(笑) 自分の知らない部分も発見できたり、今後の人付き合いや、いろんな選択にも役立つものだと感じます。

ヒューマンソサエティ・ライブ

http://www.prema-live.com/   

 

子育て支援サイト・シャンティプレマ

http://www.prema-miyazaki.com/


●開催日時:10月23日(金)19:00~21:00 
●場所:社会福祉法人なのはな村(都城市一万城町82号4番)TEL0986(46)3737 
●会費:500円(会員) 800円(非会員) 
●申込〆切:10月20日(火) daichi-kentarou@btvm.ne.jp ポン太クラブ・外山まで
 

2009/10/05

平成21年9月5日(土)~6日(日)、青島青少年自然の家で、ポン太クラブ初の宿泊体験をしました。

 

1日目は50人くらいで電車に乗って、青島海水浴場へ移動。駅までの道のりや電車が来るまでの待ち時間、子ども達はうきうきどきどき。電車の中でもきちんとマナーを守って乗ることができました。

 

海へ着いたら、まずはお弁当、みんなお腹がすいていたらしく完食でした。

 

その後は、待ちに待った磯遊びに海水浴。子どもも学生さんも保護者も先生も、おもいっきりはしゃぎました。砂に埋もれてみたり、大きな波に揺られたり、カニもたくさん捕まえました。

 

みんな日焼けで全身真っ赤になっちゃいましたね。着替えや帰りの準備、電車での移動も思った以上にスムーズでビックリです。

 

 施設でのお風呂もゆっくり入れたし、夕食も美味しくて、みんなたくさん食べました。

 

 夜のキャンドルファイヤーの儀式では、お父さんが営火長で大活躍。子ども達7人もお手伝いがしっかりできました。第2部のお楽しみでは、学生さん達の歌やギター演奏にダンス、ミニお芝居など、出し物で大盛り上がりでした。 

 

 消灯10時30分までには、ほとんどの子ども達や学生さん、先生方も疲れて爆睡~。保護者の一部は夜中まで元気・・・。

 

2日目は朝7時から、施設周辺のゴミ拾いをしました。お散歩しながらのゴミ拾いでしたが、途中でカニを発見っ 子ども達は大喜びでした。子ども達は朝から元気いっぱい、でも学生さん・保護者・先生方、顔が疲れてましたよぉ。 

 

美味しい朝食の後は、子ども達は施設内にあるカヌー&フィールドアスレチックで遊びました。カヌーではパドル操作が難しく行きたい方向へなかなか進めずに、いらいらする場面も。でも、乗り心地は気持ち良さそうで、子ども達は満足しているようでした。アスレチックでも全身を使って楽しめました。

 

その間に、保護者は宮崎大学・竹内元先生の「教師として大切にしてきたこと」と題しての講演を聞きました。「どうすればよかったかは、みんなで考える」、「子どもの行動の意味に寄り添う」、「子どもを悪い子どもに仕立て上げない」・・・等など全部書きたいくらい学べるお話しなんです。お話がおもしろくて、寝不足の保護者も頑張れました!?

 

 

2日間で69名の参加でしたが、怪我もなく無事に終了できたのも皆様のご協力のおかげだと思います。1年以上前から助成金の書類作成や打ちあわせ・準備にと頑張ってくれたママ役員さん、当日も頑張って動いてくれましたっ。

 

またボランティアで参加してくださった26名の学生さん達、全力で子ども達のサポートについてくれました。社会人スタッフの先生方もお忙しい中を参加してくださり、子ども達や学生さん方へのさりげないサポートに感謝いたします。

 

自然の家のスタッフの皆様は準備段階から優しく丁寧に支援してくださり、2日間とも全員が楽しむことができました。助成金をいただいた「キリン福祉財団さま」にも感謝です。たくさんの方々に支えられている「ポン太クラブ」です。ありがとうございました。

 2009-09-09-1136-13.jpgIMGA1227_edited.JPGIMGA1229_edited.jpg

 

 

IMGA1234_edited.jpg IMGA1236_edited.jpgIMGA1251_edited.jpg

 

 

IMGA1252_edited.jpg IMGA1254_edited.jpgIMGA1256.jpg

 

IMGA1258_edited.jpgIMGA1260_edited.jpgIMGA1261_edited.jpg   

 

 

 

ページの先頭へ戻る